« 冬コミで完売していた とある科学の超電磁砲 佐天&初春 抱き枕カバーが再販 | Start | IS <インフィニット・ストラトス>・第5話 »

放浪息子・第4話

これでもこいつら三ヶ月前は小学生だったんだぜ。
参考資料
参考資料

さおりは修一の事が今でも好きで、修一はよしのの事が今でも好き。諦めきれない二人が色々画策しているとしか思えない倒錯劇の準備期間。

さおりは明解で、修一との二人だけの時間を作る事が、税所先生の思惑によるものとは言っても目的に合致している訳だ。ところがうっかり先生の前で中間生産物としてお見せできる物は何もありませんと言い捨てたせいで、進捗がはかばかしくないと思った税所先生は誰か手伝える人募集とやってしまったからよしのと千鶴と桃子と誠とかなこまで加わる事になって完全にやぶ蛇。

修一は天然でロミオとジュリエットの入れ替わりを自分とよしのでやりたいと夢想しているみたいだが、これって実は男としてよしのに告白したのがふられたならば、じゃあ女の子としてやりなおせばいいじゃないと言う深謀遠慮になってるのじゃなかろうか。よしのは女の子であるのがあまり嬉しくないみたいだし。

今のところ修一の策略(策略っつーか)はよしのの勘違いもあるかもしれないがうまく行ってるのに対して、裏目にばかりでるのがさおり。ついには教会に呪詛に行くのであったw

中一の修一のクラスメイトばかりが今のところ中心で動いてるが、安那は安那で修一に妙なリアクションとってるなあ。大体、修一はなんでまた気持ち悪いと思うストラップなんて付けるんだ。


さて、本日最初の場面は修一達の中学のモデルになっている世田谷区立砧小学校。
参考資料

大きな地図で見る

こっちはどこだろう?
参考資料

|

« 冬コミで完売していた とある科学の超電磁砲 佐天&初春 抱き枕カバーが再販 | Start | IS <インフィニット・ストラトス>・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/50776494

Folgende Weblogs beziehen sich auf 放浪息子・第4話:

» 放浪息子 第4話 『私の名前をあげる ~The sound of your name~』 [猫のように気ままに。]
放浪息子4話の感想です。千葉さんや税所先生が迷走した今週。季節はもう夏かぁ。早いなぁ(*^_^*)感想は続きかどうぞ [Mehr erfahren]

verlinkt am 05. Februar 11 um 15:29

« 冬コミで完売していた とある科学の超電磁砲 佐天&初春 抱き枕カバーが再販 | Start | IS <インフィニット・ストラトス>・第5話 »