« 放浪息子・第6話 | Start | とある魔術の禁書目録II・第20話 »

IS <インフィニット・ストラトス>・第8話

対抗戦の第一回戦で早くも当たる一夏とシャルル対ラウラと箒の組み合わせ。案の定、ラウラと箒の連携は全く無し。一方で一夏とシャルルは見事な連携だそうだ。そりゃ一夏とシャルルはあんな仲だがw、チームプレイなんていつ練習したんだ?

夜?w

一夏・シャルル組は雑魚の箒を先に屠って(をい)、二機でラウラに対峙。二機のコンビでの攻撃中に一夏がAICの重大な欠点を見抜く。AICは防御する相手に精神を集中しなくてはならない為、別の相手への警戒が疎かになると言う。

弱点が分かってラウラにチームプレイで畳みかける一夏とシャルル。ラウラ、完全に翻弄されてる。
参考資料
しかしこんな弱点が分かっているなら、なおさら箒を邪魔者扱いしたらダメだったろうに、ラウラ。

ラウラ完敗目前で「ここで私は負ける訳には行かない」と回想。なるほど、だからこれ程までに織斑教官に心酔していて、その勝手に抱いたカリスマのイメージが一夏に破られたと考えて一夏に敵対したのか。うん、これは分かりやすい理由だね。結構こう言うのって「それでなんで?」と思ってしまう作品が多いのだが、ISのこの明解さはいいと思う。ただ、それで日本のIS学園の生徒にまで敵対心を持っていたのはちょっと拡張すぎじゃなかろうか。

その思いがラウラのISを暴走させて千冬の様な姿のISに変形。て言うか、変形ってレベルじゃねー。この姿にかっとなった一夏が素手で立ち向かおうとしたが、シャルルに止められてちょっとは落ち着いたか、シャルルのISのエネルギーを貰って零落白夜だけ発動。異形のISを切り裂いてラウラを拾い上げる。
参考資料

ラウラは意識を失っている時に一夏が守ってやるみたいな夢を見た様だが、実際に側に付き添っていたのは千冬ではないか。だからこの時点ではデレは未だかななんて思ったのに、今回の結末がとんでもない物に。

結局対抗戦は一回戦だけで中止となり、フィールドから引き上げると山田先生が男子用の大浴場ができたよーとお知らせ。大浴場ったって別に一緒に入る必要もないのに、一夏の所に入ってくるシャルル君。

すわ、ヨスガノソラの天女目瑛的展開ですか、これは!w

湯の中でこれからはシャルロットと呼んでと言うシャルル。
シャルロットって、あんた、まどマギでマミさん喰ったあいつかよ!w

ところがシャルロットになるのはベッドの中だけ一夏と一緒の時だけかと思ったら、女の子として改めて転校生になっちゃったよ。

驚愕の新事実にどよめくクラス。そして昨晩は男子の大浴場が出来たって事は!とか言い出すのだが、だから、大浴場だからと言って一緒に入ったとは限らんだろ、と思うまもなく、怒った鈴がISで乱入。どんだけ早耳なんだよ、鈴。怒りの鈴の攻撃で危うい一夏をシャルロットがISで助けるのかと思ったら、デレは未だなんじゃないかと思ったラウラじゃん。

しかも助けただけでなく、いきなりちゅーして、「お前は私の嫁にする!決定事項だ!異論は認めん!」と。
参考資料
もう、わけがわかんないよw

|

« 放浪息子・第6話 | Start | とある魔術の禁書目録II・第20話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/50968281

Folgende Weblogs beziehen sich auf IS <インフィニット・ストラトス>・第8話:

» IS<インフィニット・ストラトス> 第8話「ファイント・アウト・マイ・マインド」 感想 【ラウラ&シャルロット】 [R.F.L.D./S.E.]
一部気に食わない所があったけど良かった。 戦闘はISクオリティなので、もう何も言わない。 それでも気に食わないシーンが1つだけあったけど。 ただ、後半のハーレムでマイナス印象が吹っ飛んだ。...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 26. Februar 11 um 16:25

» IS<インフィニット・ストラトス> 第8話「ファインド・アウト・マイ・マインド」 [空色きゃんでぃ]
今回もシャルロッ党大躍進! オルコッ党もがんばってーo(*`・Д・´*)o 「オレたちは、2人なんだぜ♪」 シャルロットと織斑一夏はIS戦でも息ぴったり!もはや夫婦w 学年別トーナメントの第一試合で、ドイツと対決! 一夏・シャル組VS箒・ラウラ組。 篠ノ之箒が相変わらず空気!w ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 28. Februar 11 um 02:55

« 放浪息子・第6話 | Start | とある魔術の禁書目録II・第20話 »