« 君に届け 2ND SEASON・第0話 | Start | 昭和物語・第1話 »

Rio RainbowGate!・第1話

リオは知ってるけど知らないキャラ。5~6年ほど前にパチスロのキャラらしいがイイ感じのキャラだなあと思ってずっとおっかけて来た。ホビー系商品をw パチスロとか、そう言うギャンブル系には手を出さないので本体の方はどんなものか全く知らないままだった。今回アニメ化で、第1話でよく分からんキャラだったのでw、最低限の背景をWikipediaで調べた。パチスロ機の機能は全然知らないが、まあ、画面に出てくるキャラなのね。そして今回出て来た他のキャラも登場するらしい。そっちは初見。そしてその5~6年の歳月を経て初めて知るリオのキャラ。こう言うキャラだったの?

近くを歩くだけで客にラッキーをふりまく恐ろしいオーラ。しかしこれはカジノ的にはどうなんだ。それ以外の時はぼったくってるからいいのか。看板キャラでおびきよせられればOKなのかもしれん。オーナー(石井)、明らかにそれを狙ってるし。
参考資料

それにしても求婚しようか悩んでいた男(ロバート)、賭に勝ってその勢いでプロポーズしたのはいいのだが、相手の女が「でも結婚資金は?」と言ったものの、勝ったクレジットを見て喜ぶとか、そんな女でいいのか、お前。

今回リオに挑戦したオーリン・ダンヒル、リアルでは女運が悪いが、カードではクイーンの引きが強いと言う。その結果ぬいぐるみ蒐集趣味に走り、ミントが持っているクマのぬいぐるみがベルギー製のレア物と睨んで強奪を企んだが、実力行使はリオに阻まれて失敗。

こんなバトルにも強いキャラだったのか、リオ。

そこでポーカーで勝負を挑む事になる。何だか知らんが、勝負ステージにローエングリンの結婚行進曲で入場するリオ。その結婚行進曲は不吉だからやめておけw しかし不吉はどうもダンヒルに訪れた様で、クイーンの引きが良いと豪語していたカードが何の役も出来ずに2のワンペアのリオに敗北。

おまけに逃避していたぬいぐるみの真贋判定眼も中国製をベルギー製と見間違う程度。しかしそこを逆手にリオにもうぬいぐるみに固執する事はないんだよと言われて納得する   。

ここはもうちょっと演出で「え?それでいいのか?」感が出せたら良かったのに。


そんな訳で、脚本と演出がもうちょっと頑張らないとかなり微妙な内容になりそうな感じだった。PVでは心配された作画が第1話のせいかちゃんとしていたとか、オーナーがHでリオがそれに振り回されるとか、そう言う点は良かったのでそこを活かして行けばいいんじゃなかろうか。


リオってあの服の下はノーブラだったんだ。
参考資料

|

« 君に届け 2ND SEASON・第0話 | Start | 昭和物語・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/50503322

Folgende Weblogs beziehen sich auf Rio RainbowGate!・第1話:

« 君に届け 2ND SEASON・第0話 | Start | 昭和物語・第1話 »