« 夢喰いメリー・第1話 | Start | とある魔術の禁書目録II・第13話 »

IS <インフィニット・ストラトス>・第1話

アバンでロボットの戦闘シーンだったので「えー?これロボットアニメなの?」と心配になったが、始まってみればよくある「中古でない若い女の子でないと動かせないスーツ」の話。だけどアバンで男の声が聞こえたぞと思ったら、ああそうか、これもよくある「本来、女の子しか居ない筈の所へ、たまたま男で唯一操縦出来たものだから一人だけ入っちゃてハーレム状態」って話か。

と言う話で、織斑一夏が何故か世界中で唯一「インフィニット・ストラトス (IS)」を動かせる男として入学。この後はよくある「女の園に一人だけ入っちゃった男の子」のイベントを順番にクリアして行く。但し一夏がこの学園に入って来た動機がイマイチ。IS辺りの事を全然知らない。ISの為の学園に入って来たのに知らなすぎるんじゃないのか。これでどうして希望して来たんだろう。

こんな環境にも一夏はとっかりのある人達が居てそこから話が動き出す。一人は姉の千冬。IS学園の教師だったそうだ。しかしそれすらも知らなかった一夏。そしてもう一人は幼馴染みの篠ノ之箒(しののののほうき・・失礼、かみました)。箒、再開した時点で相当一夏の事を意識していたみたいだが、以前はどんな感じの幼馴染みだったんだろう。とりあえず良い方向で意識してくれているみたいだが、それがルームメイトになっちゃうとは、この学園はどんな生徒管理してるんだ。あれか、名前で一夏を女の子だと思ってましたってヤツだろうか。
参考資料

そして肉親とか、幼馴染みとか、そう言うここに来る前からの繋がりではなく、向こうから勝手につっかかって来るキャラが一人。大英帝国の貴族のお嬢様のセシリア・オルコット。勝手に話しかけて来て自分を知らない一夏に怒る。ああ、なんか、れでぃばとのドリルを思い出したw
参考資料

そしてそのお嬢様、とうとうクラス代表の座を一夏と争う事に。

やっぱり、知識は全然ないけど、ISを動かしたらピカイチとか言う一夏キャラが出てきてお嬢様を倒して「ふん、今日のところは勝ちは譲ってあげるわ!」とか言う展開になるのかなあ。


と、まあ、どこかで見た展開だらけではあるけれども、逆にそれが安心感になったり、楽しめそうな作品の予感。


2ちゃんねるに「どこかで見た人がいるよ」ってストパン2のミーナさんみたいなキャラがキャプられていたが、こっちは芳佳だよね?
参考資料
参考資料

|

« 夢喰いメリー・第1話 | Start | とある魔術の禁書目録II・第13話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/50520506

Folgende Weblogs beziehen sich auf IS <インフィニット・ストラトス>・第1話:

« 夢喰いメリー・第1話 | Start | とある魔術の禁書目録II・第13話 »