« 冬のアニメ新番組で事前の浸透度が高いのはどれ? | Start | 神のみぞ知るセカイ・第11話 »

もっとTo LOVEる -とらぶる-・第11話

美柑、学校でモテモテ。まあ美柑なら仕方ない。でも悉くお断りする美柑に友達が「素敵なお兄さんが居るから?」と聞くが、言下に否定する美柑。ただ、確かにリトは色々な女の子から好かれている感じはある。未来のお嫁さんとしてやって来たララは代表例だし、そう言えば最近モモがリトに接近している。
参考資料
今期はランダムに話を繋げているみたいで今日の話はこれも、BパートもCパートも全部ここまでの話の積み重ねの上に出来ていた。ちゃんとシリーズ構成考えていたんだ。

モモに牽制をかけてみたが、軽くあしらわれて美柑はモモがリトのベッドに入り込むのを阻止する事を考える。で、自分がリトのベッドに入る訳だが、窓側って事はリトを横断してわざわざそっちに行ったのか。そのうちにリトが寝ぼけて美柑を触り始めるのはお約束で、なんだからマシュマロのつもりで触っている「らしい」
参考資料
見えないので分かりませんよ!

モモも来ないので、自分の部屋に戻ろうとしたところで激しい雷雨。雷が苦手な美柑は怖くなって部屋に戻り損ねる。そう言えば小さい頃も雷がなった時にリトに抱えて貰ったなあと。そうしたらリトも寝ながらそれを思ったのか雷に怯える美柑を抱きかかえてくれ、安心した美柑はそのまま眠りに。

さすがに穹ちゃんみたいな状態にはなりませんねw
参考資料
どうも、このシーンはどれだけ隠してもヤバイな。
かと言って真っ白にしたら引用する意味ないしw

まあともかくそう言う訳で、モモにリトのベッドに潜り込んだのを見られる訳だ。


偽りの恋?と言うサブタイだったので誰がリトに?と思ったが、セリーヌがまたもコーラで酔っぱらって飛び出した場面で始まったので、セリーヌの花粉でまた誰かが、特にこれまでリトに明示的に好意を示していない相手が餌食になるんだなと思ったら闇だった。

この間のセリーヌの花粉騒動では花粉を浴びたら直ちにリトに欲情していたのに、闇の制御力はずっと高い。リトが好きって状態にはなったが、普通の好きな子レベルでおさまっている。

リトの為に鯛焼きを押し込んだのは闇らしい反応として、服もいつもとは違う形の女の子らしい物にトランスフォームさせてみたりする。
参考資料
道を歩いているうちにリトがすれ違う人にぶつかってラッキースケベを発動させても、いつもの様にぶっとばされるどころか、くっついた事にこと寄せてキスもしてみたいと。粘膜接触がどう言うものか試してみたいと言うのだ。闇、こう言う時でも勉強家だよね。
参考資料

だが、リトは普通じゃない状態で闇がキスをしてみたいなんてのは闇自身が傷つくと拒絶。時間切れでセリーヌの花粉の効力が切れた闇はその言葉を受け取って、

楽に死なせてあげましょう。

いや、闇、そろそろそっちの台詞の方が偽りになって来てるよね。


またもリトのベッドに潜り込んであんあん言ってる(をい)モモを見てナナがおかしいだろと問い詰めるが、モモはリトの愛人でもいいと言ってのける。それに疑問を持ったナナだったが、春菜の愛犬マロンを助けた時にマロンから実は春菜もリトが好きだと知らされて驚愕。なぜみんなそんなにリトをと。

それにしてもマロン経由とは言え、春菜の気持ちがここで第三者に伝わっちゃっていいのだろうかと思ったら、ナナが春菜にリトが好きなのか?と問うた事で春菜の気持ちは自分がそれとなく思っていた形から第三者も認めるはっきりとした形へ昇華。おー、これはまた話が踏み込んだな。

いくら友達のララがリトを好きだと言っても、自分の気持ちをこのまま黙っているのが良い事なのかと悩んでいる春菜を心配そうに覗き込んだララを見て春菜は決心する。「私も結城君の事が好き」と。
参考資料
参考資料

ララだったら「なーんだ、春菜もかー!」って反応になってもおかしくないんだけど。

|

« 冬のアニメ新番組で事前の浸透度が高いのはどれ? | Start | 神のみぞ知るセカイ・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/50310986

Folgende Weblogs beziehen sich auf もっとTo LOVEる -とらぶる-・第11話:

« 冬のアニメ新番組で事前の浸透度が高いのはどれ? | Start | 神のみぞ知るセカイ・第11話 »