« 神のみぞ知るセカイ・第9話 | Start | Google Maps の神の目によって、とある魔術の禁書目録II第9話の玉入れ会場は武蔵野市立第四中学校と判明 »

アマガミSS・第22話

三郷雫会長ばりの凄味をきかせる絢辻さん。身体が濡れたまま駆け込んで来る程のものだった様だ。
参考資料
そんな状態なのに「胸が・・・」とか暢気な事を考える純一さん。このあと胸触っちゃうし。中を見たと言う純一に別の場所で話をしましょうと。純一、詞について行ってみると人気のない境内。なぐり書きした内容を見ただろうと純一に行った絢辻さんは「残念だわ、クラスメイトが一人減っちゃうなんて」とか、

殺る気まんまんですね

ところが純一が見たのはメモ帳の一部だけ。そこは綺麗に書かれたスケジュールの部分だけ。詞の早合点だった訳で、詞は見せる必要もない裏側の顔を純一に見せてしまった事になる。

そこで純一には生き延びさせてやる代わりに「綾辻さんは裏表のない素敵な人です」と誓わされる。

普通ならこれで敬遠するものだが、純一は全然変わらず詞と一緒に創設祭の実行委員の仕事をやって行く。絢辻詞編は純一の天然キャラぶりが強調されていて、前の桜井梨穂子編で梨穂子が担っていた天然キャラポジションを奪っている。

そんな中で詞が過労で学校をお休み。あれだけ裏の顔を見せている詞の所に純一はお見舞いに行く。栄養ドリンクって何だと思ったら、お見舞いの品だったのか。その発想は無かった。絢辻家を探していると以前詞と一緒に歩いている時に会った姉の緑を発見。その姉が部屋に入れてくれたおかげで純一さんは寝汗を拭こうとする絢辻さんを拝めると言うお約束のラッキースケベ発動。
参考資料

この絢辻家訪問のおかげで純一はそれなりに詞にフラグを立てられた様だし、絢辻家の妙な状態も知った様だし、ひょっとしたら緑にも強く印象づけられたかもしれない。

おかげで絢辻詞編の第1話では命を落としかねな勢いだった純一の立場がラスボス絢辻さんにとっての気になる男の子にまで一気に昇格。


ところでメモ帳の中の書き殴ったメモって何だろう。
思わせぶって最後まで内容が出ない気もするし、或いはハッピーエンドに至る時の鍵になるかもしれない。端的に言うとどっちに転ぶか分からないw

|

« 神のみぞ知るセカイ・第9話 | Start | Google Maps の神の目によって、とある魔術の禁書目録II第9話の玉入れ会場は武蔵野市立第四中学校と判明 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/50201979

Folgende Weblogs beziehen sich auf アマガミSS・第22話:

« 神のみぞ知るセカイ・第9話 | Start | Google Maps の神の目によって、とある魔術の禁書目録II第9話の玉入れ会場は武蔵野市立第四中学校と判明 »