« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない・第11話 | Start | 冬のアニメ新番組 »

おとめ妖怪 ざくろ・第11話

第11話にして明かされるざくろと突羽根の秘密。って、構成的に至極順当ですな。安心のシリーズ構成かな。

神がかりの里で彷徨っているうちに隠し扉の中の部屋に母の突羽根を見つけたざくろ。でも目がうつろだ。手に触れてみると突羽根の過去の記憶が流れ込んで来る。妖人省では櫛松が総角少尉達にざくろとその母の突羽根の過去の話を語り出す。

突羽根はその昔、神がかりの里で神に近い人達(よく分からんが、「しんじん」と読む場合の神人みたいなものでいいんだろうか)の里長の子を産む為に囲われていた。
参考資料
つまり、この場面は事後って事ですね。

突羽根は沢鷹を産んだものの、その後はいくらやっちゃっても次子が生まれない。里長の冷たい仕打ちの上に自分の産んだ子の沢鷹にも会えない突羽根は寂しさを募らせる。こう言う時は若い男の登場でw、突羽根が登っていた木を恵永が切り倒したところから出会いが始まる。心の隙間に入り込む駆け魂の様に突羽根の心に入って行く恵永。ありゃ、こんな人里にまで出てきていいのか突羽根。
参考資料

やがて行き着く不倫の仲。しかもそれを沢鷹が目撃していた。あれほど普段会えなかったのに、こう言う時に限って沢鷹が見ていたとか、どんだけ運に見放された突羽根と言うか、或いはあれだけ会えない沢鷹でも見かける程あちこちでいちゃラブしてたとか。

もう里には居られないと言う突羽根に恵永は一緒に逃げようと言うが、その場にやって来た里長とその一族によって恵永は殺され、一緒に着いてきた沢鷹には触るな汚らわしいと拒絶され茫然自失の突羽根。やがてざくろが生まれるが、半妖として始末しようとした里長の予想を裏切って強力な妖力を持つ子供として生まれる。驚いた里長が駆け込んだ時には既に櫛松が突羽根とざくろを連れて逃亡の道へ。

ざくろを追わない約束で里に戻った突羽根だったが、結局その約束を破ってざくろを誘拐して腹違いの妹に妖力を持った子を産ませ様とする沢鷹。その儀式に呼ばれる百緑。なんで百緑でなくちゃならんのか分からんが、それを恨みに思う橙橙を利用しようとする乱杭。総角少尉達が到着する前に橙橙によって波乱が起きそうだね。
参考資料

はて、沢鷹に対して「なんでも上手」と言っていた乱杭だが、なんとか上手の沢鷹の子を乱杭は成さなかったのだろうか。

|

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない・第11話 | Start | 冬のアニメ新番組 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/50302509

Folgende Weblogs beziehen sich auf おとめ妖怪 ざくろ・第11話:

« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない・第11話 | Start | 冬のアニメ新番組 »