« FORTUNE ARTERIAL 赤い約束・第5話 | Start | 尖閣諸島と北方領土と漏洩と »

探偵オペラ ミルキィホームズ・第5話

第5話まで来てなんとなくミルキィホームズとのつきあい方が分かって来た気がする。ギャグに勢いを付けようと言う感じの作品で、その方向が予想外だったりした時につぼに嵌るんだろう。第4話はそんな感じだったし、第1話と第2話は向きが合わなかった様だ。

そして怪盗帝国の男共が大きく出しゃばると向きがあまり合わないが、女の子キャラが異様な方向に向いたら合う、私にはそんな感じかな。それで今回はその二者がぶつかり合ってメアリーとケイトがやや勝った感じ。

ミルキィホームズ、メアリーとケイトにすっかり騙されてボケボケ。
ヘブンなダイヤモンドはダイヤモンドが7つって意味じゃねー。
つか、なんでエスペラント語w
参考資料
エスペラント語で7はセプだろが。

で、このヘブンなダイヤモンドの技の意味が分かったのは緑だけだったと言うw
参考資料

最後のシーン
ピンク「あのトイズ教えて下さ~い」
緑「それは・・・(ぽ」
参考資料

緑だけはおとな

|

« FORTUNE ARTERIAL 赤い約束・第5話 | Start | 尖閣諸島と北方領土と漏洩と »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/49964359

Folgende Weblogs beziehen sich auf 探偵オペラ ミルキィホームズ・第5話:

« FORTUNE ARTERIAL 赤い約束・第5話 | Start | 尖閣諸島と北方領土と漏洩と »