« それでも町は廻っている・第3話 | Start | ひだまりスケッチ×☆☆☆・特別編前編 »

FORTUNE ARTERIAL 赤い約束・第3話

あれ?第3話にしてもう吸血鬼の事をバラすのか。
で結局孝平を生徒会=吸血鬼の巣窟に引き入れちゃうのだが、じゃあこの先どんな話やるの?きゃっきゃうふふだけ?w

と言う事で、Aパートはこれまでの二話の続きの流れで学園の日常生活が送られる。それにしてもいくら好きだからってあまりこう言うのをかけるなよ。
参考資料
いるんだよね、必死に薬味とか使う人。蕎麦屋のねぎとか、スパゲティの粉チーズとか。いやまあ、私がそう言う安い店にしか行ってないのがアレなんだけど。

孝平の部屋でのお茶会に瑛里華と白もご招待。なにげにでかい部屋だよね。豪勢な校舎を建てるだけの事はあるな、修智館学院。
参考資料

その孝平君が今度は生徒会長の千堂伊織に生徒会室のお茶会に呼ばれる。呼んだ時はお茶とも何とも言ってなかったのだが。そしてゲームをやらされる。孝平、押しに弱いな。それほど親しくもないヤツに呼ばれてみたらゲームしようぜとか、こんな事やってる程暇じゃないって出て行かないのか。このゲームがまたどんなルールか知らんが、コマを進めてカードを引いていく。これ、コマを進める意味ないだろ。て言うか、カードの山に仕込んでおいたら交互に引くんだから好きにやりたい放題じゃないか。

そんな会長の見え透いた手に乗せられて孝平は無理矢理吸血鬼の秘密を知らされて、生徒会に入らないのならこの学校に来て以来の記憶を消させて貰うとか言われる。いや、孝平、怒れよ。孝平が吸血鬼の秘密を探って暴いたとかじゃなくて向こうから勝手に教えたんだから。その挙げ句、記憶を消す方を選んだら「生きてきた道に責任を持てないヤツなんてここには要らない」とか言われて、だから怒れってば。それに話が変な方向にずれてるじゃないか。

ところで私も高校に入る迄の間に転校が何度もあって(うち一回は元の学校に戻った)4回ほどリセットがあったが、当時はそんなものだと思っていたがなあ。
参考資料
ごめん。こうまでして見送られた事ないわw
孝平人徳あるじゃん。それに比べて(ry


今までの転校と同じ意味に位置づけて記憶消去を選んだ孝平。施術は瑛里華が行う。だが、瑛里華、出来ない。参考資料
それを見て孝平も思った訳だ。何の為にこの学校を自分の意志で選んだのかと。確かにそうですな、もう転校によるリセットは嫌だと言ってここに来た訳なんだから。なるほど、選んだ道での思い出が第1話から今回のAパートまでのエピソードの積み重ねなんだ。ちょっと短い気もするが。

かくて生徒会に入る道を選んだ孝平だが、吸血鬼バレしちゃって次回からどっちに話が進むのだろう。

ところでこの二人、外面は髪の色の系統とかロング具合とか着てる服の色とか、キャラ被りすぎなんじゃない?
参考資料
ひょっとしてわざと?

|

« それでも町は廻っている・第3話 | Start | ひだまりスケッチ×☆☆☆・特別編前編 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/49825243

Folgende Weblogs beziehen sich auf FORTUNE ARTERIAL 赤い約束・第3話:

» FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 第3話「千年草」 [power of dreams]
FORTUNE ARTERIAL 赤い約束,第3話「千年草」です。 以下ネタバレ注意 [Mehr erfahren]

verlinkt am 30. Oktober 10 um 10:53

« それでも町は廻っている・第3話 | Start | ひだまりスケッチ×☆☆☆・特別編前編 »