« 祝福のカンパネラ・第9話 | Start | タイ王国のコスプレ大使コンテストの投票締め切りは明日(8/31) »

ひたちなか海浜鉄道とヨスガノソラ気動車舞台探訪

ひたちなか海浜鉄道の「タイムスリップ、真夏の“あつ~い”レトロ列車運行3days開催」に行って来た。そもそも夏コミ前にマイコミジャーナルのニュースを見て、夏コミが終わったら乗りに行こうかなと思っていた。もともとひたちなか海浜鉄道のキハ22似の気動車にはちょっと興味を持っていたので、こう言う企画がある時がチャンスと思った。私はキハ22が北海道で最盛期を迎えていた時代に散々乗ったので実に懐かしいのだ。

スーパーひたち15号で勝田へ。先週銚子まで乗ったしおさい3号とほぼ同じ距離を走るのに、あっちは1時間50分ほどだったのがこっちは1時間10分。おそるべき速度差。実は勝田は大学院生の頃から就職して間もない頃まで何度も行った事があった。日立製作所と日立工機に就職した友人夫婦が住んでいたので何度か遊びに行ったのだ。あの頃に乗っていれば、と言う後悔を今しても始まらない。そんな訳で20年位ぶりに勝田へ。

地方鉄道の例に漏れず、運賃はお高いので勝田・阿字ヶ浦を往復するなら1日フリーきっぷがお得です。
参考資料

以下、鉄道写真としてはダメダメですが、一応折角行ったので。
阿字ヶ浦停車中のキハ205(向こうにはキハ2005)。
参考資料

キハ2005側から。乗り鉄が沢山居て、人の入らないシャッターチャンスはほとんどありません。
参考資料
少年にはいい夏休みの思い出になっただろうか。

キハ2005車内。床は木張り。
参考資料

窓の下にはこれまた懐かしい栓抜きが。
参考資料

キハ205の車内。この車両は冷房改造車。
右端に見えるでっぱりはディーゼルエンジンの排気筒。天井には扇風機。左の窓と窓の間には扇風機のスイッチが見える。
参考資料

以下は動画(YouTube)
ひたちなか海浜鉄道:阿字ヶ浦に停車中:キハ205+キハ2005
ひたちなか海浜鉄道:日工前に到着:キハ205+キハ2005


さて、記事タイトルに10月アニメ化のヨスガノソラが入っているのだが、これは最近見たヨスガノソラのPVに気動車のシーンがあったので急遽こじつけたw

春日野悠と春日野穹の場面
参考資料
参考資料
シートの色とか違います。

車内
参考資料
参考資料
かなり違いが。て言うか、乗り鉄大杉。

車端
参考資料
参考資料
無理ありすぎw


2ちゃんねるのスレではEDの件とか、挿入歌の件とかで早々とがっかり感が充ち満ちているらしいが、気動車舞台探訪のよしみで頑張って欲しい。

|

« 祝福のカンパネラ・第9話 | Start | タイ王国のコスプレ大使コンテストの投票締め切りは明日(8/31) »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/49287563

Folgende Weblogs beziehen sich auf ひたちなか海浜鉄道とヨスガノソラ気動車舞台探訪:

« 祝福のカンパネラ・第9話 | Start | タイ王国のコスプレ大使コンテストの投票締め切りは明日(8/31) »