« B型H系・第11話 | Start | Angel Beats!・第11話 »

USBトリプルフットスイッチ購入記

参考資料:
サイズのUSBトリプルフットスイッチを買った。パソコンハウス東映で4,980円だった。

ゲームで手をフリーにしたいから、ではなくて、Photoshopを使っている時に右手で(左利きなのでタブレットのペンは左手に握っている)Altキーだのを押さなくてもいいように。Photoshop使用時に使うキーをバインドすれば机の上にはタブレットだけを置いておくだけで済む、そう言う目論見で買った。

Altキーはペンツールを使っている時に色を拾うのに頻繁に使う。3ペダルあるのでどうアサインしようかと思ったが、今現在はとりあえず左から[Alt][Shift][Ctrl]にしてみた。Altは上述の通りに色を拾うのに頻繁に使うが、ShiftとCtrlはどうかな。それよりもCtrl+D(選択領域の解除)、Ctrl+Z(前動作のキャンセル)の方が使う気もする。使い込んでから考えよう。

USBケーブルを差し込むと勝手にハードを認識して使用可能になる。添付のCD-ROMのツールでどのペダルがどうなるかをハード側に覚えさせる様に見える。と言うのも管理ツールはわざわざ現在の設定を「読み込む」と言うボタンがあるからだ。

管理ツールがCD-ROMに入っているのだが、メインで使っているPCには光学ドライブが無いので他のPCから読み込んだ。サイズの製品ページに行ったらzipがあったのでそっちを使えば良かった。同梱のマニュアルにサイズのサイトにファイルがあると書いておいてくれればいいのに。

三連のフットスイッチは他に三月兎が扱っている物がサイズの物よりかなり安いのだが、購入前の調査で長押しが出来ないらしい(最終的な確認は出来ていない)と言うのを見かけて、それでは本来のPhotoshopでの色を拾うのに使えないので長押しで使ったと言う実績が書かれていたサイズのにした。理由はそれだけ。サイズのは確かに押したままのホールドが出来て色が拾えた。三月兎の物でも出来ますよと書いてあればそっちを買ったかもしれない。

やはり事前調査で分かってはいたのだが、ゴムの臭いがきつい。ペダルを踏む音は許容範囲。私の所はマンションだから全然問題ないが、この程度ならアパートでも階下には全然響かないんじゃなかろうか。

|

« B型H系・第11話 | Start | Angel Beats!・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48610160

Folgende Weblogs beziehen sich auf USBトリプルフットスイッチ購入記:

« B型H系・第11話 | Start | Angel Beats!・第11話 »