« けいおん!!・第9話 | Start | キャラアニの立体クッションが露骨な名前となって漸く全貌が判明 »

真・恋姫†無双~乙女大乱~・第9話

恋姫無双は話が進む時は凄い勢いで進む。8話かけて何進の猫化を戻す薬の材料を探していたのに、今回はもう全員が帰ってきて薬が出来てしまった。馬超、今回は留守番は嫌だぜとか言っておきながら、ほとんど外での活躍の描写が無かったなw しかも活躍したのは華蝶仮面だそうだ。劉備、騙されるなよ。ホントにお人好しだなあ。

南蛮から一緒にやって来た孟獲が南蛮象のヘソのごまが使われる何進を見て同類扱い。
参考資料
確かにちんちくりんになったなあ、何進。一方、都の大将軍だった何進は辺境の酋長ごときと同類にされておかんむり・・・いや、この場合は体型を同じに見られた方か。しかしここで孟獲にへそをまげられては薬が出来ないので何進は今はこう言う姿だが、元に戻ったら「ばいんばいんのゆさゆさ」になると孔明が弁明。中原のむねむねに期待をもっている孟獲達を納得させる。

出来上がった薬は「三年間はき続けた下着を猫の小水で煮込んだ」並みの臭い。とは言ってもこの時代だったら服は普通にそんな感じなんじゃないの?そこまでは酷くないか。まあ恋姫無双なんで感覚は現代に合わせる方が合理的なのだが。

薬を飲んだ何進は見る見る元の姿に。幼児用の服に大人の身体とは何という幼児プレイ。
参考資料
光線が邪魔してるけど。

大きな胸に飛びつく孟獲達。ああ、何進がやられちゃったべる。


さて、洛陽ではようやく今シリーズのからくりの全貌が明らかに。自身の政権基盤が皇帝の権威に全て依存しており、自前の軍事力が無い弱みを何とかしようと考えていた張譲に例の于吉が接近し、臣民の怨嗟のエネルギーを太平妖術の書に集めるとそれが得られると言う事で、自身が隠れて悪政を全て董卓になすりつけていた。以前の登場時から分かってはいたが、この作品の董卓、善人すぎw


都からの命令にも拘わらず一向に動こうとしない袁紹に問責の文を飛ばす張譲(但し董卓の名で)。しかしプライドが高い袁紹にこれは逆効果で怒った袁紹が董卓が悪政を施いていると言うのを口実に討伐軍の檄を諸侯に飛ばす。人望の無い袁紹だが曹操や孫権が動いた事で話が違って来た様だ。

桃花村からも劉備軍が出撃。今回は黄忠も出陣するんだし、何も馬岱、いつもの様に隠れなくとも・・・
参考資料
学習しとらんな、張飛w


そんな訳で今回はCASTが多かったなあ。
参考資料
参考資料

|

« けいおん!!・第9話 | Start | キャラアニの立体クッションが露骨な名前となって漸く全貌が判明 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48535623

Folgende Weblogs beziehen sich auf 真・恋姫†無双~乙女大乱~・第9話:

« けいおん!!・第9話 | Start | キャラアニの立体クッションが露骨な名前となって漸く全貌が判明 »