« 藤の大滝 | Start | マリー&ガリー ver.2.0・第6話 »

WORKING!!・第5話

WORKING!!のこのシーンは反則だと思うんだよね。
参考資料
参考資料
萌えすぎるじゃないか。到底許せない。

小鳥遊が気がついた身長と変人度の相関関係。
参考資料
微妙に異論がある。八千代は帯刀してるだけで(たまに抜刀するけど)ところ構わず男を殴るまひるよりマシなんじゃ?しかも店壊しそうだし>まひる。

これ、遠くにちっこく見えた八千代が店長の空腹音を聞いて飛んでくる場面で、雰囲気はいいのだが、
参考資料
遠近法変じゃない?
ベルサイユ宮殿鏡の間とかじゃないんだから、天井高すぎだろ。

一番のまともな人間かと思われた佐藤は八千代が店長と仲良くしてると不機嫌になってぽぷらに八つ当たりするし。
参考資料

ぽぷら、大きくなっちゃだめだろ、ちっちゃいままがいいだろと思ったが、大きくなるってこっちか。
参考資料
既にAAが出来ていたりするw
参考資料


なずなが風邪で熱を出して小鳥遊はお休み。
姉には任せられんのか・・・任せられんわな。

小鳥遊が居ないとまひるに殴られる確率が上がるとおびえる相馬。それでもどう言うルートからかまひるの携帯の番号を知って携帯で話をする相馬。ああ、これなら殴られまい。電話の向こうで壁が殴られているけど。

しかし小鳥遊がいない、八千代が早番で帰って、そんな所に男性客ばかりが押し寄せる。ぽぷら一人じゃ回らんだろ。でも動き回るぽぷらかわいい。
参考資料

仕方ないので佐藤や相馬もホールに(料理はどうすんだ)。
佐藤に見とれる女性客、アレすぎワロタw
参考資料

急いで八千代も呼んだものの、家が遠くて忙しい時間には間に合わなかった。うーん、ワグネリアンワグナリアンって札幌のどこにある事になるんだろう。そして八千代の家は。予告の駐車場は平岡公園だが、36号線の近くとか(景色は36号線沿いではないけど)。で、八千代は花畔に住んでるとかw
(注:平岡は札幌のかなり南東郊外で、花畔(「ばんなぐろ」と読みますw)は札幌の北の果て)

|

« 藤の大滝 | Start | マリー&ガリー ver.2.0・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48258751

Folgende Weblogs beziehen sich auf WORKING!!・第5話:

« 藤の大滝 | Start | マリー&ガリー ver.2.0・第6話 »