« 真・恋姫†無双~乙女大乱~・第7話 | Start | Angel Beats!・第8話 »

B型H系・第8話

けいおんに引き続いて山田達も京都へ修学旅行。これでふと思ったのだが、唯達も山田達も同学年なんだよね。印象違うなあ。かたや部活でキャッキャウフフする高校生、かたやHする事しか考えない高校生。けいおんの唯達も山田と同質になったりしたらかんなぎ中古発覚事件みたいな事が起きそうだなw

さてけいおんもB型H系もどちらも新幹線で行くせいか、京都に到着したぞー!と言うシーンではやっぱり京都タワー登場。
参考資料
京都タワーはいちばんうしろの大魔王の舞台探訪の時に書いた様に山田守の設計。あれが出来た当時は非難囂々だったのが今では異なるアニメ作品だろうと京都到着のシンボルにされるとは。

到着したその晩、さっそく夜は妖しい話題であります。なんと口火を切ったのは三郷。竹下を問い詰める形で初体験はどうだったのかと。答える気がない竹下だったが、山田がデマを飛ばしかけたのでデマを飛ばされる位ならちゃんと話そうとした所へ赤井先生ストップ。惜しい。その後も惜しい所で毎回先生ストップ。ただ、この過程でやっちゃったべるなのは竹下だけでなく片瀬もそうらしいと言うのが判明。

修学旅行の一貫で座禅をさせられる山田達。修学旅行で座禅って都市伝説じゃないのか。小須田は煩悩バリバリ。一方、金城は外見は全く煩悩が見えないが中には強烈ものが。って、外に出てこないモノをどうやって探知してるんだ。さらに山田の場合は煩悩が極まって悟りの境地に。

結局最終日まで山田は小須田とふたりっきりになって初体験を奪うチャンスがない(いや、山田にとっても初体験なんだけど)。と思ったところで偶然川下りで二人だけクラスから取り残される。ま、それでも結局山田が我慢出来なくてダメだったんだが。

それにしてもこの修学旅行の背景を見て思ったが、B型H系って背景をかっちり描いてるなあ。写真起こしかどうかは知らないが、よく出来てる。必ずしもリアルではないがw

どこだろこれ。
参考資料
参考資料
下の駅は行き先が拝島や所沢のひねりの様だから田無かな。


とうとう何も無く終わりかけた修学旅行だが、山田が電車を降りた所で小須田が最後の勇気を振り絞って告白を。

うわ、閉まり掛けのドアを止めて迷惑千万なヤツ
参考資料
これにも「よい子は・・・」テロップ入れろ。

電車はこの状態じゃ発車できませんから。
参考資料

さて、まがりなりにも告白した形になった小須田→山田だが、山田が逃げに入ってしまった。
どーすんのよ。それじゃいつまで経ってもHできんぞ。

車内アナウンスの奥原カテリーナ愛って誰?
と思ってぐぐった結果→プロ・フィットの所属タレント

へーインドネシア出身!
へーB型w


塩屋先生?どのキャラ?

|

« 真・恋姫†無双~乙女大乱~・第7話 | Start | Angel Beats!・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48420473

Folgende Weblogs beziehen sich auf B型H系・第8話:

» (アニメ感想) B型H系 第8話 「わーーい、修学旅行だ!二人っきりになれなくて・・・/俺、山田の事が、す・・・すったもんだの珍道中!」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
B型H系 1 こわいもの知らず(笑)無修正版 [Blu-ray]クチコミを見る 修学旅行で京都へ行くことになった山田たち。 二度目のキスをしようと思う小須田ともっとすごいことを考えている山田。 姉の香月からきちんと気持ちを伝えていないことを指摘され、修学旅行中に告白しようと...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 26. Mai 10 um 14:16

« 真・恋姫†無双~乙女大乱~・第7話 | Start | Angel Beats!・第8話 »