« けいおん!!・第4話 | Start | 真・恋姫†無双~乙女大乱~・第4話 »

迷い猫オーバーラン!・第4話

毎回監督が違うと言う迷い猫オーバーラン。幸か不幸か第4話の監督が大地丙太郎と知ってしまったので、視聴を始めた時にはもう頭の中がすっかり大地色になって「あれえ?」と言う驚きはなかった。多分知らないで見たらそこが楽しめたかも知れない。しかしAパートのテンションは大地監督でないと出来ないよね。多分知らずに見たら「もしかして」と思いつつ、ここで大地監督と確信しただろう。
参考資料

家康に煽られて梅ノ森財閥のVIPしか来られないと言う温泉郷にみんなを拉致してきた連れてきた千世。そんな訳で今回は温泉回。温泉回はいいんだが、作画、もうちょっと頑張れ。
参考資料
なんだかのぺっとしてる。

女湯で希がお約束のイチャラブな行為をしてくれるおかげで、男湯の方ではこれまた家康がお約束の覗き行為(覗いてないけど)に及ぶ。しかし方向が反対・・・って方向くらい分かれよ。それとも声が反射したか?(島式ホームへの階段を上っている時に、反対方向の電車が到着した音を自分の行く方向の電車と聞き違えるのはよくある事)

しかし女湯の方には罠が仕掛けられていてそれを踏んだ家康ともども巧達も遙か彼方へ吹っ飛ばされる。ああ、ここはもうネタの世界なので普通死ぬだろとかは無しで。

吹っ飛ばされた先で巧は好都合にも(笑)家康・大吾郎とはぐれる。ひとりになって行き倒れになった巧を救助した女の子が登場。佐藤が千世に耳打ちしていた竹馬園夏帆の模様。山小屋で一応火はおこしているものの夏帆は寒そう。うっかり巧が濡れた物は全部脱がないととか言ったせいで夏帆も全裸に。

さあ、ここからどこまで行くかがこの作品のスタンスを決めますね!w
参考資料

ま、結果的には大した進展は無かったのだが、矢吹健太朗によるマンガ化が進行中と言う事なのでもしコミックスが売れたらToLOVEるみたいなOADでもっと踏み込んだアニメを出してくれるかもしれない。ちょっと望みすぎかなw

一方で女の子達の方は吹っ飛ばした巧達の事を完全に放置して卓球なぞに興じる。
Aパートの引きは凄かったなw
参考資料

卓球シーンは単純打ち返しがちょっと長すぎたかも。その後の一転して白熱した打ち合いはやっぱりもうちょっと作画が良かったらなあと惜しい気持ち。
参考資料
参考資料

そして今回の〆は飛び立つヘリを見送る夏帆とSP達。ずんずんずんと、いかにも大地監督らしい含みで終わらせた。
参考資料


第3話まででこの迷い猫オーバーランはちょっと見切りをつけようかな(別に切るほどでもなく)と思っていたのだが、第4話で大地爆弾が炸裂してやや踏みとどまる。でもねえ、大地色が強いから作品自体どうなのと言う評価は保留か。


それにしても大地丙太郎の「これが「演出」なのだっ」【AA】を読んだのでそれまでは何となく大地監督ってこんな感じと言うイメージが、大地監督はこう言う事をしたいのかと言うのがよく分かる様になった。本に書いているとおりの事をやってるね。

|

« けいおん!!・第4話 | Start | 真・恋姫†無双~乙女大乱~・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48207824

Folgende Weblogs beziehen sich auf 迷い猫オーバーラン!・第4話:

« けいおん!!・第4話 | Start | 真・恋姫†無双~乙女大乱~・第4話 »