« マリー&ガリー ver.2.0・第2話 | Start | 超巨大なメガネ拭きだからMEGAneふき »

閃光のナイトレイド・第1話

閃光のナイトレイドヘタレすぎ。

いや、中身はいいかもと思ったのだが、最後のこれ
参考資料
「背景となった時代の歴史的事実またはその出来事に対する歴史認識に対し、新しい解釈を試みようとするものではありません。」

うわ。実在の人物・団体とは無関係ですってのは普通にある話だが、このお断り書きはなんとしたものだろう。そんなに左翼からの「修正主義者」と言うレッテル貼りが怖いのだろうか。これは創作ではなかったのか。クリエイターとしての矜恃は無いのか。個人的には「修正主義」ってのは褒め言葉だと思ってるだけどね。間違った物を正すならいくらやっても構わない。ところが左翼は遙か昔から「修正主義者」を悪口の定番としている。不思議な人達だ。

と、せっかく本編は良い印象だったのに最後の最後でがっかり感を植え付けられた閃光のナイトレイド。でもとりあえず最後のがっかり感は切り離しておこう。作品そのものを楽しもうではないか。

番宣で上海のバンドが出ていたのでその辺りの話かと思ったが舞台は昭和一桁の「魔都」上海だった。そんな訳でいきなり飛び交う中国語。今回最後までびしばし中国語が使われたが、ずっとやるのだろうか。声優さん、大変だな。台本に四声の抑揚記号でもついてるのだろうか。私は中国語は「我」と「你」くらいしか聞き取れんよ。

地方軍閥に誘拐された日本の実業家鏑木を救出するのが「桜井機関」のお仕事。桜井機関ってのは後から分かるのだが。憲兵隊とは別行動らしいが、あとで軍事機密だの上層部だの言っていたので一応軍内部の機関か。各々特殊能力を持っているらしい。

おまえらは武装司書か!
三好葵はマットで苑樹雪菜はミレポック?w
三好はマットの能力とは違うか。

国民党に潰されそうな地方軍閥が最新の武器を調達する為に鏑木を誘拐したものの相変わらず日本軍は新しい武器を用意してくれない。それで今度は要求物を金に変えて来たのだが、ここにおかしな風向きを感じ取った。とは言っても鏑木を救出するのが使命な訳だが。三好も桜井も鋭敏だな。あっはっはじゃねえよw
参考資料

敵駐屯地内の鏑木救出は敵兵がうようよする中からの困難なものだったが、伊波を含めた四人がいかんなく能力を開陳して成功。桜井による国民党軍誘導のおまけつきで。

三好と桜井のあっはっははこの後も続くのか。
参考資料


総じて中身は面白かった。能力自体にびっくりする物はないが、それをうまく話に取り込んだ上でごちゃごちゃすぎずかと言って単純すぎない脚本だったので楽しめた。結構いいかも。

苑樹雪菜の中の人は新人って言うか、本業は女優?
あ、それから番宣にあったブラ4と未完成はいつ使われるんでしょうか。
使わない?

|

« マリー&ガリー ver.2.0・第2話 | Start | 超巨大なメガネ拭きだからMEGAneふき »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48015611

Folgende Weblogs beziehen sich auf 閃光のナイトレイド・第1話:

» 閃光のナイトレイド 第1話「救出行」 [空色きゃんでぃ]
アニメノチカラ第2弾! 今度はシリアスな話? スパイもの? 主人公とその相方がカッコイイw 伊波葛のピッチリした髪型がいいですね( *´艸`... [Mehr erfahren]

verlinkt am 07. April 10 um 23:31

» (アニメ感想) 閃光のナイトレイド 第1話 「救出行」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
魔都と呼ばれた1930年代の上海。雑多な人種や国籍、階層、さまざまな人々が入り乱れる混沌とした、だがエネルギー溢れるその街で、日本人の財閥が誘拐されるという事件が起こる。駐留する日本軍との武器取引を目論む地方軍閥の仕業らしい。人質を救出すべく、軍閥の本拠に潜....... [Mehr erfahren]

verlinkt am 12. April 10 um 12:19

« マリー&ガリー ver.2.0・第2話 | Start | 超巨大なメガネ拭きだからMEGAneふき »