« マリー&ガリー ver.2.0・第5話 | Start | 初音町団地に初音ミク降臨/喰霊-零-のDC版がBS11で放送開始 »

閃光のナイトレイド・第4話

これ、ギャグ回じゃないよね?
先週の予告の雰囲気からギャグ回をちょっと期待したのだが、そうじゃなかった。コメディ回とも言い難い。話の主眼は三好と伊波の関係。

四君子堂写真館に仕事の依頼に来た風蘭。商売敵が偽物で客を釣っていると言うが、どうやら蝋の食品サンプルの事だろう。大正から昭和にかけて日本で作られたもので、ここで言われている様に「内地で評判の」食品サンプルが上海の食堂にも上陸したと言う時代に即した話。
参考資料
それに対抗する為に風蘭は食品サンプルとしての写真を撮ってくれと四君子堂写真館に来たのだが、慎重派の伊波は安請け合いはしないと三好と対立。

結局は風蘭に乗せられて写真を撮る事になる。ここでやっと気づいた。そう言えばこの時代の写真だと白黒になるんだよねえ。(美味しく見える)食品写真が難しいのは知っているが、白黒ならなおさらかもしれない。伊波の慎重さも分かる。食品サンプル写真って、美味しそうに見える為に化粧するんじゃなかったっけ?

無事写真を撮り終えてカフェで一休みする二人。いつか出るんじゃないかと言ったドイツ語登場。
参考資料
これは分かりやすかった。短かったしw

しかしこの気の緩んだ場面で三好はカメラやフィルムの入ったポーチを失う。あのぞろぞろ歩いていた一団にやられたんだろうな。三好達も置き引きをされたと睨んで上海のかっぱらいの集まる所を探る。でもなんで情報屋には三好が行って、その後の女の所には伊波が行ったんだ。
参考資料

その結果、アジトは分かったがここでもまた三好がヘマをした為に中には突入不可能に。まあ突入しても良かったのかと言う話はある。窃盗団からの奪還を諦めかけた二人の目の前にポーチを抱えた猫が通過。追跡の結果、いつも風蘭の所でまんじゅうを盗み食いする猫と判明して招財飯店の前で取り押さえられたが、果たして本当にこの猫が犯人だったのか。上から見下ろしていた桜井機関のあの男が絡んでいるかも知れない。

話のまとめは桜井が雪菜にダージリンのファーストフラッシュを土産に持って来ている場面で、雪菜に二人が補完しあう関係だと語らせるが、流石華族様、この時代にダージリンファーストフラッシュをご所望ですか。ちなみにファーストフラッシュは丁度今が旬。今年のファーストフラッシュは鮮やかな味の一方でダージリンの重みが少なめだった。昨年のファーストフラッシュの方がバランスがとれていて美味しかったな。

ひとつ気になったのはカフェで三好と伊波が言い合っている中で、三好が「ここは中国だ」と言っていたが、時代考証に忠実になるなら「ここは支那だ」でないとおかしい。いや、「なんとなく歴史物」程度なら「中国」でもいいのだが、わざわざ番組の最後にぐだぐだ言い訳を書いているのなら「支那」にしないとバランスがおかしいだろう。今ではほとんど使わない「かっぱらい」と言う単語にまでこだわっているのだし。

|

« マリー&ガリー ver.2.0・第5話 | Start | 初音町団地に初音ミク降臨/喰霊-零-のDC版がBS11で放送開始 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48200197

Folgende Weblogs beziehen sich auf 閃光のナイトレイド・第4話:

» (アニメ感想) 閃光のナイトレイド 第4話 「カメラと包子(パオズ)と野良猫と」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
閃光のナイトレイド 1 [Blu-ray]クチコミを見る ライバル店が精巧な食品サンプルを店頭に展示して大繁盛。対抗心を燃やす風蘭に、メニューに載せる食品写真の撮影を頼まれる葵と葛。強引な風蘭の押しにやむなく引き受ける二人。だが、葛と葵の息が合わずに撮影はなかなか上....... [Mehr erfahren]

verlinkt am 03. Mai 10 um 01:09

« マリー&ガリー ver.2.0・第5話 | Start | 初音町団地に初音ミク降臨/喰霊-零-のDC版がBS11で放送開始 »