« ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ・第1話 | Start | マリー&ガリー ver.2.0・第2話 »

荒川アンダー ザ ブリッジ・1 BRIDGE

いつもなら作中でどんな話数の付け方をしても記事タイトルは第n話にするのだが、この作品は露骨に作中で第x話と言うのを使ってしかも初回だけで第9話まで行ってしまったので仕方なくBRIDGEにw

さて、本当に全く何の予備知識も無く見たものだから中身に驚いた。こう言う話だったのか。あー、またテレ東日曜深夜のシャフト・新房枠なのか。

番宣で財閥の御曹司なのに何故か河川敷で暮らす事になったとか言っていたのは覚えているが、こんな経緯でそうなるのか。つーか、そんな経緯でなるなよ。借りを返せないとストレスで喘息発作を起こすと言う強引な設定でニノに巻き込まれるが、そんな設定があろうと河川敷暮らしを回避できる方法はあるだろうに。河川敷は国のもので勝手に住んじゃダメなので私がマンションを用意しますとかさ。一応正当な理由なんだから。
参考資料

って、この作品はつっこんだら負けですか?

いや、もう、つっこむ場所は無数にあるのだが、かと言って全面的に受け入れたらこの作品を楽しむ事など到底出来そうにないので、どこに線引きをしていいものやら。

とりあえず河川敷じゃ増水時に完璧に流されるってのはどう回避してるんだろう。当然その辺りの描写はもう原作であるんだろうな。つか、まっさきにそこをつっこめよ、市ノ宮行、いやリクルートw

しかし、ニノが「私に恋をさせてくれないか?」と言った時ににはマジで「じゃああなたにぴったりの恋人が見つかる様に私が一生懸命探しましょう」と行は返すのかと思ったら、あっさり自分が恋人と言う位置づけに収まってしまった。そこが重大な過ちだな。過ちって言うか、普通そう考えるか?探す方を考えると思うのだが。
参考資料

もうひとつどうしてもつっこみたい場面。
「ギリシャの金持ちが捨てたベッド」
参考資料
いや、現代ギリシャ、そう言うイメージじゃないからw


それにしてもなあ。
神谷、またまたまたまたモノローグキャラかw

坂本真綾は坂本真綾で妙にニノさんが合ってるなあ。

|

« ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ・第1話 | Start | マリー&ガリー ver.2.0・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/48008640

Folgende Weblogs beziehen sich auf 荒川アンダー ザ ブリッジ・1 BRIDGE:

» 荒川アンダー ザ ブリッジ 第1話「1BRIDGE」 [空色きゃんでぃ]
「ココの人たち、みんな出っ歯だー!」 かと思ったら、電波だったんですね! 電波かわいい(・∀・` ) しかも荒川を舞台に繰り広げられるバ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 07. April 10 um 23:32

« ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ・第1話 | Start | マリー&ガリー ver.2.0・第2話 »