« ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド・第9話 | Start | おおかみかくし・第11話 »

バカとテストと召喚獣・第11話

一気に試召戦争が進んだなあ。詰めすぎ感がちょっとある。

Aクラスとの試召戦争の敗戦から三ヶ月。宣戦布告の権限を取り戻してFクラスはDクラスに宣戦布告。あれ?Dクラスなんだ?と言う疑問は今回の最後までの流れで一応納得。Dクラスは踏み台だったのねw

力ずくでの勝負では戦いにならないが、Fクラスには最終兵器彼女姫路瑞希が居る。Dクラスのクラス代表平賀源二の所に辿り着きさえすれば勝てる。一方巷に流布されている雄二の成績は最近は下がる一方で辿り着かれたら一撃でやられる。まあこれがブラフだった訳だが。
参考資料

序盤は数学戦で美波が道を拓き、古典戦に引き込まれそうになった所で明久の尊い犠牲で(笑)再び数学戦に持ち込む。でも成績をネタに交際を迫っちゃだめだろw
参考資料

それでも一手先に雄二を倒せると思っていた平賀の作戦は例のブラフによって打ち砕かれてFクラスの勝利で終わる。


そしてFクラスは引き続いてBクラスに宣戦を布告。前回の因縁の根本がクラス代表をつとめるクラス。根本は根本で前回の恨みを晴らそうと迎え撃つ。開戦前に会話している相手が前回の最後に「魂を持って行かれる音」の前で「友香は内緒で」と言っていた小山友香(Cクラス代表)か。
参考資料

まともに勝負した場合、Bクラスが負ける事はほとんどありえないが、卑怯を旨とする根本は事前に手を打っておこうと画策。まずはFクラスを荒らして動揺を誘う。しかし、これって誰がやったのかな。いくら根本がBクラスの代表と言っても「やれ」と言われてBクラスの他の生徒がやるとは思えない。ひとりでちまちまやったのか。

BクラスとFクラスが開戦。根本と小山友香の仲をばらす事でFFF団を発動。
参考資料
自爆テロで戦力を削がれるBクラス。凄いなFFF団w
それでも未だ優位にあると思っている根本だが、念には念を入れて瑞希を脅迫。あのラブレターを入手して返して欲しくば分かってるな、と。しかしそこを明久が目撃したから別の大敵を作ってしまった。明久は瑞希を送り出さず、黒金の腕輪で独自召喚フィールドを作って自分の召喚獣で壁をぶち破ってBクラスに突入。ああ、ここで先にDクラスを陥落させた意味があるのか。明久には偶然だが、脚本的には必然か。

予想外の攻撃に動揺した根本だが、明久ごときと思った所でムッツリーニが突入。西村先生まで連れて来たの無敵の保健体育戦に巻き込んで根本撃滅。

教室交換の代償に根本の女装で手を打とうと言う申し出でBクラスは手打ち。根本、完全に悪役で終わったなw

そして明久は取り戻したラブレターを瑞希に返したが瑞希はこんなのに頼るのではなく自分で言わなくてはと。その一歩を進めると言いながら「明久君って呼ばせてください」って言ったのだから、明久、もう気づいたよな?まさか山本姉妹並みの鈍感とかは言わせないぞ。
参考資料

|

« ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド・第9話 | Start | おおかみかくし・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47845540

Folgende Weblogs beziehen sich auf バカとテストと召喚獣・第11話:

« ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド・第9話 | Start | おおかみかくし・第11話 »