« バカとテストと召喚獣・第9話 | Start | おまもりひまり・第9話 »

おおかみかくし・第9話

賢木の策略で密室に博士と眠が閉じ込められる。博士がのどうしてこんな事をと言う訴えに賢木は「君さえ迷わなければ同士で居られたのに」とか言ったが、どう迷ったと言うのだ。最初から賢木が博士を信用していた風は無かったが。

ともあれ「蜜」と一緒に閉じこめられた眠が発症しかけるのは時間の問題。しかしそこまでの事情を未だちゃんと掴んでいない博士が、手元にナイフがあるくせにクラスメイトが後ろ手に縛られているのを放置するとは何てヤツだろう。それだけ眠に疑いが強かった?そうまでは見えなかったけどなあ。あの程度ならすぐさま縄を切ってやるのが普通だと思うが。
参考資料

こんな状態なのでもう隠しておく事も出来ないと眠は博士に「神人」の事情を話し出す。どんな変異かは知らないが神人は普通の人間の発する臭いで食べてしまいたい(それがどこまで具体的な事なのかは分からないが)衝動にかられる為、それが発覚しそうな場合は仲間を始末する事で秘密を保っていたと言う。血の掟ですな。種としての変異なのか、ひぐらしみたいなウィルス性なのかは不明だが。キスされた人が隔離されたのを見ると遺伝性よりウィルス性の様にも見える。嫦娥町の事情を明かした様な今回の話からこれ以上の根源はもう語られない気もする。

強硬派の葛西は便利屋賢木が具体的に何をしているのかまでは掴んでいないみたいだが、眠が賢木によって発症すれば掟通りに葬り去れるのを期待している。その上でどこまで自分の行動の邪魔になるのか微妙だが、櫛名田重次まで毒殺してしまった。飲んでいきなり血を吐いて死ぬってそんな毒薬あるんかい。しかし詰めが甘かったせいで重次が当主重三に連絡を取ってしまい、重三が動き出す。当主、一応そう言う力は持っていたんだ。

神人達が本気で動き始めると、雨さえあがれば博士の発する強烈な「蜜」の臭いで場所を特定。何とか理性を保った眠と、それを信じていた博士を救出。
参考資料

結構一件落着な所まで話が進んだが、予告を見るとどうも強硬派が祭の場面でテロ行為みたいな事をしでかす様に見える。それに香織の件は全く落着してないし。


それにしても博士の夢でいいからもうちょっと眠があんな事やこんな事をしてくれる表現は出来なかったのだろうか。おおかみかくしに不足してる物のひとつはそれだと思おうのだが。
参考資料

それに、一昼夜あの中に二人閉じこめられたって事は、トイレを何とかしたって事ですよね?w

|

« バカとテストと召喚獣・第9話 | Start | おまもりひまり・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47732582

Folgende Weblogs beziehen sich auf おおかみかくし・第9話:

» おおかみかくし 第9話「密室」 [大丈夫、がんばらなくてもいいんだよ。]
くずみくんかっこいい! 身の回りに起きる怪現象の事実を知ってもなお、 神人である、ねむるちゃんを守り抜いた! きゅ、きゅ〜んっときま... [Mehr erfahren]

verlinkt am 06. März 10 um 00:10

« バカとテストと召喚獣・第9話 | Start | おまもりひまり・第9話 »