« あにゃまる探偵 キルミンずぅ・第15話 | Start | マリー&ガリー・第35話 »

はなまる幼稚園・第2話

なんだこのED
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

最近は第2話で予想外のEDをやる(そらのおとしもの)のが流行なのか!


土田先生がこじかの青木先生みたいな立ち位置に固まりつつある。幼稚園児の方があけすけに言う分大変かもしれない。クラス内ではやしたてられる程度ならまだしも、幼稚園児なら家に帰ってからあることないこと極めて不正確な内容で親に話しそうだし。

まあ確かに同時に園児達から話しかけられたら大変だよね。大人なら向こうが終わってからと待つのだが、子供はそんな事関係なしに自分の思ったタイミングで話すから。そこでいいかげんな応答を返すと「遊園地内を探検していいよ」と言う事になってしまう。柊、そのコスプレはどこから。
参考資料

土田先生のクラスが未だ先生と遊んで貰った事がないと言われてはなまる幼稚園名物の滑り台で遊ぶ事にしたが、小梅はともかく杏も滑り台の高低差にびびってる。木登りの時は高かったし足の下には何も無かったから怖がったかもしれないが、杏はその前にジャングルジムの上で手放しで足二本だけで立った豪の持ち主じゃなかったのか。

幼稚園が終わって桜のお迎えに上機嫌の杏。何が嬉しかったのとの桜の問いにあの滑り台の事をあげて
杏「あのね、今日はつっちーに抱いてもらったの!」
桜「まあまあまあ!(笑顔で)」
とかなるかと思ったが、呼び捨てにして貰った方だったか。


Bパートは物知り柊。年中組のけんじが(今迄)自分が一番の物知りであるのをかさに着ていじわるな言動(多分本人はそう思っていない。幼稚園児じゃ仕方ないか)をしていたのを柊があっさり否定。お父さんの部屋で本を読んでいたのは単に眺めていただけじゃないんだ。つーか、軌道計算やっておいたよって、そら異常だろw

ところでアニメではけんじが年中組らしいのだが、Wikipediaを見たら年長組の扱いになっていた。で、私はそもそも年中組と言うのを知らなかったのだが、年少組(3歳)、年中組(4歳)、年長組(5歳)と言うクラス分けがあるらしい(http://www.naga-you.jp/annai.htm)。これが今のスタンダードなのかどうかは分からない。ついでだが、リンク先の幼稚園を見ると体育系以外は本当に女性の先生だけだね。つっちー珍しがられる訳だ。

悔しがるけんじが幽霊の噂の立つ公園にひとりで出かけて柊を出し抜こうとしたものの、見事に墓穴。でも素直な子でやりこめられて逆恨みせずに柊を師匠にしてしまった。

で、柊、そのコスプレはなんだw
参考資料


エンドカード、出た瞬間はふーんと思って見たのだが、よく見たら柊がヨーコのコスプレをw
参考資料
描いた人、こう言う人なんだね

|

« あにゃまる探偵 キルミンずぅ・第15話 | Start | マリー&ガリー・第35話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47330857

Folgende Weblogs beziehen sich auf はなまる幼稚園・第2話:

» (アニメ感想) はなまる幼稚園 第2話 「はなまるなすべり台 / はなまるな天才」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
はなまる幼稚園 1 (ヤングガンガンコミックス)クチコミを見る 幼稚園での仕事にまだ慣れていない土田先生は、たくさんの園児たちに囲まれてちょっぴりあわて気味。てんてこ舞いの土田先生をよそに、杏は仲良しになった小梅や柊と一緒に幼稚園の中を探検することに。園内の様...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 20. Januar 10 um 11:41

« あにゃまる探偵 キルミンずぅ・第15話 | Start | マリー&ガリー・第35話 »