« とある科学の超電磁砲・第17話 | Start | ひだまりスケッチ×☆☆☆・第4話 »

デュラララ!!・第4話

本物の首無し女だったんだ。話はそっちに行ったか。

と言う訳で、今回は首無しライダーことセルティ・ストゥルルソンと、日本での同居人の岸谷新羅のお話。

今回の話の頭の方でしきりに岸谷が首から上の無いセルティがどうやって物を見てるのかなんてのを気にしていたので、いや、不思議がるのはそこじゃないだろ、そもそも脳がなくてどうやって生きてるか、考えているか、そっちが問題だろ、なんてつっこんだのだが、妖精じゃ仕方ない。いや、妖精だったらなおさらどんな原理で物を見てるとか考えても仕方ないw

首を求めて彷徨う妖精か。そしてそれを見て解剖をする医師。新羅の父親もまたすげえな。
参考資料
妖精に解剖を申し出て、その様を子供に見せた挙げ句に「やってみるか?」って。
参考資料

今回セルティに沢城みゆきの声があたっていたが、これは今回限りかな?
PDAで文字を打つってのは相変わらずで、声が無いと言う事には変わりが無いようだから。
それとも今後は沢城みゆきの声がずっとするのだろうか。それはキャラ特性としてはちょっと興ざめなので、新羅と話す時だけって事になるかな。


いやあデュラララ、予想外に面白い話になって来た。
週末の楽しみのひとつだ。

|

« とある科学の超電磁砲・第17話 | Start | ひだまりスケッチ×☆☆☆・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47434733

Folgende Weblogs beziehen sich auf デュラララ!!・第4話:

» (アニメ感想) デュラララ!! 第4話 「形影相弔」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
デュラララ!! (2)【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 街行く人々が語る都市伝説“首なしライダー”の噂。ナンバープレートのない漆黒のバイクに跨がり駆ける姿を目撃した者は意外と多い。 ある時からごく自然に、池袋の闇と雑踏に溶け込んだ不可解な存在。 しかし、そ....... [Mehr erfahren]

verlinkt am 03. Februar 10 um 05:44

« とある科学の超電磁砲・第17話 | Start | ひだまりスケッチ×☆☆☆・第4話 »