« 聖痕のクェイサー・第2話 | Start | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド・第2話 »

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第3話

「梨旺走ル」とサブタイにあったので、はて何で走るのかなと思ったらカナタの発熱だった。朝食の味噌汁はヘルベティア共和国に普遍的な文化ではなく、カナタの出身地で継承されて来たものだった。醤油は広く認知されていても味噌は一部でだけ残ったのか。しかしとりあえずこの「味噌」が今回の話のミソになる(べ、べつに、シャレで言った訳じゃないのよ!)。

クレハとノエルとフィリシアが外出してカナタとリオだけになった所でカナタ発熱。なんだか朝から様子が変だなと思ったらやっぱり発熱だった。
参考資料
ばったり倒れたカナタを見て嘗ての母親(?)が病気で倒れた記憶が蘇るリオが狼狽。いや、真っ先に「医者はどこだ」をやれよ。しかしリオが駆け込んだ先は教会。うん?この世界は音楽家も居なければ医者も居ない世界なのか?田舎町だから医者が居ないってのはちょっと納得出来ない。結構な大きさの町に見えるから。

ただ、教会はリオの嫌っている組織。人の弱みにつけ込んで金をぼったくる、そう見ている。これも過去の経緯らしい。教会嫌いは今迄この町の教会に対する態度にも出ていたらしい。それを謝罪して助けを請うリオ。ここまでフラッシュバックで表現される情報を参考に納得しろと言う話ですか?分からない内容ではないが、何だか説明不足の印象も拭えない。

福圓さんお久しぶりです。一昨年はよく聞いたのに、昨年はひだまり特別編の夏目くらいでしかお目にかかれませんでした。ハスキーな声が好きなんだけど。
参考資料

ユミナの提供してくれた薬で一息ついて、しかも見る間に回復(午前中に発熱してぶっ倒れてうわごとまで喋ったのに、夜にはもう歩き回ってる)したカナタ。カナタが目を覚ました時にリオが口ずさんでいた曲は嘗てカナタが金髪の兵士さんにふいて貰って入隊を志した曲。で、リオが戦車の所までカナタを連れて行って何をするのかと思ったらタケミカヅチには音楽再生能力まで付いていたよ。流石0世代戦車。
参考資料

自分の事を味噌っかすだと言うカナタに(どんな過去だかは断片しか見せないが)リオは後輩なんて先輩に迷惑をかけるものだと。

書いてみると色々含まれている内容もある気になるが、見た感じはカナタ発熱→リオ狼狽→ユミナの薬で快復程度しか無い印象。しかもこれを「隊ノ一日」とするのはどんなものか。「梨旺ト彼方ノ一日」の方がいいんじゃないのか。


ところでサブタイはずっとこの文語風の書き方で行くの?
「朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ」
みたいに?

|

« 聖痕のクェイサー・第2話 | Start | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47339301

Folgende Weblogs beziehen sich auf ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・第3話:

» (アニメ感想) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第3話 「隊ノ一日・梨旺走ル」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 雲一つない払暁の空に鳴り響く、下手くそな起床ラッパ――。 喇叭手としてはまだまだだけれど、 隊での生活にもすっかり慣れたカナタは毎日元気いっぱいに、楽しそうに過ごしていました。 けれどある日の...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 20. Januar 10 um 12:49

« 聖痕のクェイサー・第2話 | Start | ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド・第2話 »