« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪・第12話 | Start | 聖剣の刀鍛冶・第12話 »

真・恋姫†無双・第12話

前回、最終回間際に袁術なんて登場させてどうするんだとか、劉備に出番なんてあるのかとか書いたのだが脚本家ちゃんと組み立ててあったんだな。

華陀が曹操に殺されるかもしれない危険を冒して(まあちょっと自業自得なのだが)持ってきた情報によると黄巾党の張三姉妹は太平要術の書によって操られているとの事。

賊軍黄巾党の討伐を言う荀彧に華陀の話を聞いた劉備は、黄巾党の兵は張三姉妹に操られているだけだしその張三姉妹も太平要術の書に操られているのだからそれは可愛そうだと主張。しかし討伐なくして太平要術の書の回収は不可能だと一蹴する荀彧。二人の特徴がよく現れている対立場面。
参考資料
参考資料

ここで名案を思いついたのが華陀。太平要術の書の力はそれを使う者に魅かれている場合に発揮する。だから張三姉妹に対抗して歌で黄巾党の兵をふりむかせれば太平要術の書の力は効かないと。

まさかここで袁術と張勲が役に立とうとはなあ。「蜜を舐めるしか能のない生き物」じゃなかったんだなw
参考資料
曹操と荀彧の皮肉も全く効かない袁術をちょっと見直した!

三人目は必死にさりげなくアピールする夏侯惇をさしおいて程昱推薦の郭嘉に。風呂上がりに裸で歌う位だそうだ。
参考資料

これで役者も揃い、李典の作った移動舞台とともに黄巾党のまっただ中へ。マイクや舞台演出は華陀の用意した五斗米道の妖術で。但し太平要術の書と違ってこちらは活動限界がある。

と言う事で歌合戦の開始。華陀の読み通り袁術組の歌にひかれた黄巾党の面々には張宝の命令は効かない。しかし歌合戦は拮抗したまま時間が経って五斗米道の札が効力切れ。再び張三姉妹の走狗と化した黄巾党の兵は袁術組の舞台を襲撃しようとし、それを見た関羽達は武力討伐やむなしと動いたが、劉備が歌を再開。

最終回に劉備の晴舞台がこうして用意されようとはなあ。
参考資料

劉備・袁術側の総出の歌唱で五斗米道の札無しでも黄巾党のみんなを引きつける。
参考資料
張宝はなおも太平要術の書の力で対抗しようとするが、それは本来の自分たちの目的ではないと張角がおさめてかくて黄巾党は投降。
参考資料
しかし差し出された太平要術の書に対して華陀が「全力全開」で封印しようとしたら横から于吉が出現して奪取されてしまった。まあ、封印するのに「元気になあれ」は変だわなw

五万もの黄巾党をどうするかで郭嘉が名案。史実通りに黄巾党を飲み込んだ曹操軍。しかもこの献策で郭嘉の能力を認めた曹操が郭嘉を軍師に用いる。本来の志願どおりになって良かったな、郭嘉。

于吉の件を除いてめでたしめでたしの最終回。終わりよければすべてよし、を実践して恋姫無双は・・・終わらないんだw

ネットでネタバレが流れていたから今回のを見る前に知っていたけど、4月からは乙女大乱がスタート。
とは言ってもとりあえずの最終回である事は確かで、うまくまとめた事でちょっとテンションが低かったかなと思われた恋姫無双二期もとてもいい印象で終了。

そして次があればこそ遅れて登場の華蝶仮面も生きてくると言うものだw
参考資料

|

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪・第12話 | Start | 聖剣の刀鍛冶・第12話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47094688

Folgende Weblogs beziehen sich auf 真・恋姫†無双・第12話:

« 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪・第12話 | Start | 聖剣の刀鍛冶・第12話 »