« 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第11話 | Start | セガのプライズ品の超高価な初音ミククッキー »

夏のあらし! ~春夏冬中~・第11話

冒頭でカヤが潤の目覚まし時計をこっそり操作したので今回の話は全部カヤが仕組んだ物だと思って見ていた。が、違った様だ。

カヤが立ち去った後で潤の身体がぽや~と光り、その後起き上がった潤の身体がいつもと違う。
参考資料
参考資料
でこぼこが大きくなっただけ?と思ったが、一との身長差が歴然とあったので完全に身体が成長した模様。この時点でカヤが仕組んだタイムスリップか何かの仕掛け?いや、そんなのできんだろ、ずっと悩みつつ見る事に。これが最後まで頭のすみにひっかかったなあ。

カヤに相談しようと方舟まで行った潤だが、カヤは見あたらない。代わりにすぐさまあらしに発見される。あらしはひとめで潤が成長したと見破ったものの、その後マスターに見つかって方舟に引き込まれた時点では「潤の姉リョーコ」で押し通す。一ややよゐや加奈子はまあ単純に騙されてもおかしくないが、老練な(殴られそうだなw)マスターはそれを信じたのだろうか。最後までその点は触れられなかったが。

あとからカヤが出てきてカヤも潤の姉扱い。この時点で潤が自己紹介する前に「あー、一番上のお姉さんですね」なんて勝手に納得したからカヤ犯行説を強くしたかと思ったんだがなあ。
参考資料

折しも今日は潤の誕生日で、みんなは潤へのサプライズパーティーを準備中。マスターの一度苦手な物を見せてからびっくりさせようと言う提案でリョーコに潤の苦手な物を聞く。ゴキブリとかやられるのは勘弁と苦手な物を捏造する潤。やっぱりまんじゅう怖いかよ。

リョーコが成長した潤とは知らない一は潤の気に障る事を平気で言ったり(もっとも、一の場合は本人が目の前に居ても言っただろう)、その一方で成長した潤を盛んに褒めたり。そうそう、元の潤の事だってちゃんと褒めてはいた。ここは普通に潤のフラグが立つ場面だが、この作品はそこまでにはしないと思う。一に反発する一方だった潤が少しづつ一を見直す位で。

準備がほとんど終わりかけた段階で急に潤の身体が元に戻り始める。
参考資料
かくて誕生パーティーの時間にはいつもの潤の姿で方舟に登場。わざとらしくまんじゅうに驚きながら。

結局潤の一時的な成長はなんのせいだったんだろうね。予告のマンガでは「赤いキャンディ、青いキャンディ、知ってる、かい?」の影響みたいにしたかったみたいだが。
参考資料
こりゃ単なるネタかw

はじめに書いた様に、序盤ではカヤが仕組んだトリックで、潤へのサプライズパーティーにはしたいものの、その一方でみんなでわいわいする準備段階にも潤を入れたかった、と言う方向になるのかと思った。でもそう言う訳でもなかったし、今回はタイムスリップも無かった。
参考資料

前回事実上の最終回の様な出来だったものの、まだ三話を残していたからもうひとやま何か持ってくるかと予想したが、この一話をまるまる潤の話に使った事でそれはなさそうかな。

|

« 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第11話 | Start | セガのプライズ品の超高価な初音ミククッキー »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/47023731

Folgende Weblogs beziehen sich auf 夏のあらし! ~春夏冬中~・第11話:

» (アニメ感想) 夏のあらし! 〜春夏冬中〜 第11話 「ハイスクールララバイ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
夏のあらし!~春夏冬中~01(特装盤) [DVD]クチコミを見る 朝起きた潤は、どういうわけか自分が大人の身体に成長してしまっていることに気付く。とりあえずカヤに相談しようと方舟に向かうが、目の前のスタイルの良い女性が成長した潤だと気付いたのはあらしだけで、他の面々は...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 15. Dezember 09 um 17:32

« 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第11話 | Start | セガのプライズ品の超高価な初音ミククッキー »