« にゃんこい!・第7話 | Start | ハヤテのごとく!!でドキドキ抱き枕が出た件について »

とある科学の超電磁砲・第7話

上条さん、フラグ立てすぎだろ。
て言うか、タイミングよすぎだろ。

前回持ち越しとなったぬいぐるみを使った爆破犯人捜し。まあ見てる我々にははっきりと提示されている訳だが、例のヘッドホン男の介旅初矢(で、いいんだよね?)。普段からこんな目に遭っていたのか。それじゃ恨みを晴らしても仕方ない。地獄少女だったらとっくの昔に相手を地獄に流しているレベル。と思ったら恨みの対象はこんな自分を助けてくれないジャッジメントかよ!いや、おまえ、不良の方を痛めつけろよ。

飾利の非番の日に買い物に行こうと誘う涙子。それに加わった美琴。ある店でとてもかわいらしいパジャマを見つけてこれが・・と思ったら飾利と涙子に子供っぽいパジャマだと言われて自分が欲しいと言い出せなくなる。
参考資料
かわいいパジャマが好きなら、とりえあえずかわいいぱんつの上に短パンをはくのはやめなさい。
そう言う面がここで「えー、このパジャマかわいいじゃん、私好きだよ」と言えない自分をうんでいるぞw

二人が居ない隙に試着・・と言う場面にとってもタイミングのいい上条さん登場。
おや、その当麻をお兄ちゃんと呼ぶ子は前回鞄を無くした子ではないか。美琴じゃないが、当麻にこんな妹居たっけ?いやインデックスが来た時には一人だったよな。と思ったら面倒見のいい当麻がここまで連れて来ただけだった模様。

さて黒子と美偉はさっぱり手がかりのない爆破事件に的を絞りあぐねていたが、ふと黒子が口走った台詞でジャッジメントばかりが被害に遭っているのに気がついた。犯人は無差別爆破している訳じゃなかったのだ。丁度その時に反応が現れて飾利に連絡したらまさに飾利がそこに居るではないか。

話を聞いた飾利は美琴に一般人の避難誘導の協力を求める。あれ、涙子は?やっぱり涙子は一般人なんだね?でも涙子はそれを気にしていたんだよ。
参考資料

外に出た美琴に当麻は例の鞄の少女が見あたらないと言う。中に飛び込む二人。あの少女はヘッドホン男に飾利へぬいぐるみを渡す様に頼まれていたのだ。信管となる材料入りのぬいぐるみを。それに気づいた美琴だがレールガンを撃ちそびれて爆発に間に合わない・・・

上条さん参上!
参考資料

ほんとに良い所で出てくるヤツだなあ。禁書目録の時もそうだったよね。

一方首尾良く行ったと思っていたヘッドホン男の所に美琴がやって来る。どうやって追いついたのかは詮索しないでおこう。うっかり馬脚を現して犯人だとバレる訳だが、犯人が分かっても彼の能力が何故登録されていなかったのかは未解決。

しかも自分に力がない事を卑下して犯行に走ったと言うのは、自分に能力が無いのを気にして今回非難の時にひとり一般人扱いされた涙子に繋がりそうで嫌な予感。
参考資料

|

« にゃんこい!・第7話 | Start | ハヤテのごとく!!でドキドキ抱き枕が出た件について »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/46762731

Folgende Weblogs beziehen sich auf とある科学の超電磁砲・第7話:

» とある科学の超電磁砲 7話 「能力とちから」 感想。 [追憶の本屋]
美琴の熱い拳と上条さんの清く広い心を感じさせてくれる描写が見所★,。・:*:♪ てか今話、所々の作画や演出に違和感を否めなかった^^;(... [Mehr erfahren]

verlinkt am 14. November 09 um 23:52

» (アニメ感想) とある科学の超電磁砲 第7話 「能力とちから」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
とある科学の超電磁砲 第1巻 lt;初回限定版gt; [Blu-ray]クチコミを見る 連続爆弾テロ「虚空爆破(グラビトン)事件」の被害が拡大する第七学区。場所にも時間にも一貫性がなく、手掛かりすら残されていない犯行に、風紀委員(ジャッジメント)も警備員(アンチス...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 16. November 09 um 01:26

« にゃんこい!・第7話 | Start | ハヤテのごとく!!でドキドキ抱き枕が出た件について »