« 来年の正月は咲-Saki-と添い寝る | Start | 来年の正月は咲-Saki-と添い寝る・追加枕 »

とある科学の超電磁砲・第6話

黒子にジャッジメントの仕事に口を挟まない様に釘を刺された美琴。正論なせいで、なんだかとっても腹が立つ。
参考資料

それを飾利に文句をたれる。この時にちょっと気になっていたものがあるんだよね。
参考資料
これ。

何だろうと思ったら、飾利がはずしておいていたジャッジメントの腕章だった。
えー、飾利さん、なんでまた腕章をはずしていたんでしょう。

忘れた腕章を渡してやろうとファミレスを出た美琴の前に丁度現れたのが固法美偉。ジャッジメントの腕章を見ててっきり美琴が応援要員なのかと勘違い。美偉の勘違いをいい事に黒子に釘を刺されたジャッジメントの仕事をしてみようとほくそ笑む美琴。
参考資料

しかしやってみたら掃除とか道案内とか、何という雑用係。すっかり目算が狂った美琴だったが、鞄を無くして泣いていた女の子がいると聞いて俄然話が違ってきた。黒子が言っていた目立たぬ様に仕組まれた子供用の鞄とはこの事だろうと。

公園で子供達に囲まれ、ノーパンジャッジメントと言われながらも(だから黒子の言うとおり短パンやめればいいのに)鞄を咥えた犬発見。濡れ濡れのぐちょぐちょになってまで鞄確保。
参考資料

いや、爆弾とは違うんだから衝撃とか関係ないんじゃない?
幸いこの鞄は全然関係なかった様だし。

でもこのまま終わると爆発事件は何も解決してないね、と思ったらCパートがあった。確かにEDでその他大勢になっていないキャラがあったのであのメガネ男はひょっとしたらと思ったのだが、あいつが犯人か。

ただ、どうも能力者としてDBに登録されていない様で、この小物よりももっと根本的な動きがありそうだな。


黒子、見直しの意味違いすぎだw
参考資料
参考資料

レールガン、作画監督大杉だろ。
参考資料

|

« 来年の正月は咲-Saki-と添い寝る | Start | 来年の正月は咲-Saki-と添い寝る・追加枕 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/46700870

Folgende Weblogs beziehen sich auf とある科学の超電磁砲・第6話:

« 来年の正月は咲-Saki-と添い寝る | Start | 来年の正月は咲-Saki-と添い寝る・追加枕 »