« とある科学の超電磁砲・第4話 | Start | まほろまてぃっく特別編 ただいま◆おかえり・後編 »

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第4話

迫力不足に見えたリリシアの新聞部の攻勢はそれでも止む事が無くそれなりに生徒会にダメージを与え続けていた様だ。
参考資料

と言う訳で新聞部の捏造記事に対抗すべく生徒会側も捏造広報宣伝活動をする事に。新聞に対して新聞と言うのは不利なので小説で行く事になったが、くりむの構想する小説も、深夏のも、真冬のも、そして知弦のも鍵に惨い内容と言うか、いや、読む方もちょっとそれはなあと言う物ばかりだ。エコー・オブ・デスって・・・

代わって鍵の構想する小説もいかがなものか。
鍵「みんな、最高画質で録画中ですよ!」

最高画質(笑)

その台詞は最高画質で放送してから言って貰おうか。
参考資料

意見がまとまらず小説での対抗は断念。
小説でなくてどーすると言うと。

これが噂の生徒会ウィッチーズか!
参考資料
参考資料
GONZO、これに協力して一体いくら貰ったんだw

アニメの制作には大変な人手が必要。と言う事でほんの何秒かで断念して次はバンドですかそうですか。段々生徒会活動のアピールから離れている様な気がする・・あ、BLやってる時点で既に全く乖離してるか。

ふと見ると放送部が放棄したカメラが1台。これで生徒会のプロモーションビデオを撮ろうと言う事になる。そうと決まって生徒会室から外へ出てロケ。

戻った。
ホントに舞台が生徒会室から外に出んな、この作品。

鍵の編集したビデオのあまりの出来の良さに感動する四人。まじめに生徒会活動を誓う。生まれ変わって新しい生徒会。

翌日になってみれば元通りの生徒会。
きっと変わってもう一度変わったら元に戻ったでござるの巻、じゃないのか。

|

« とある科学の超電磁砲・第4話 | Start | まほろまてぃっく特別編 ただいま◆おかえり・後編 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/46577635

Folgende Weblogs beziehen sich auf 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第4話:

« とある科学の超電磁砲・第4話 | Start | まほろまてぃっく特別編 ただいま◆おかえり・後編 »