« 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第1話 | Start | テガミバチ・第1話 »

とある科学の超電磁砲・第1話

面白かった。
と言うか、禁書目録の良い方のノリ。

第1話でいきなりL字とかMXはやってくれるよな、地震の時もそうだけど、と言うのはあるが、解像度も相応で絵が映える。どこぞのBSデジタル(地上デジタルより上)のくせにジャギボケの絵とは違う。

それにしても御坂と白井って中学生だったっけ。つーか、それで白井が中一って。
これが最近の中一のする事か!
参考資料
参考資料
参考資料

第1話らしい見せ場を、運の悪いと言うか、間抜けと言うか、主人公を引き立たせる為だけに登場した銀行強盗がお膳立て。黒子がせっかく美琴に釘を刺して(比喩)おいたのに、
参考資料
(これは本当に釘を刺した場面)
逃げる為に佐天涙子をけっ飛ばしてしまったものだから、

「よくもダチを蹴りやがったな」

とばかりに美琴様はお怒りでございます。
介入する口実を与えてしまったよ。

そんな訳で第1話の派手なデビュー戦。
参考資料

|

« 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第1話 | Start | テガミバチ・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/46384584

Folgende Weblogs beziehen sich auf とある科学の超電磁砲・第1話:

« 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録・第1話 | Start | テガミバチ・第1話 »