« 東京マグニチュード8.0・第11話 | Start | 化物語・第11話 »

大正野球娘。・第11話

合宿の成果が出て太郎達の坂下小相手の試合は失点ゼロで圧勝。いよいよ明日は(早いな)朝霞中との公式試合。

と言う所で小梅と晶子が野球をやっている事が親バレしてしまう。
参考資料
小梅の方は鈴川父が「勘当だ!」とは言ったもののとりあえず学校には行けたが、晶子の方は深刻で母親との口論の挙げ句に軟禁状態。様子がおかしいと感じた小梅が小笠原邸に行ったものの門前払い。しかし運転手の松坂がそれを見かねて小梅を手招き。柔道四段の書生に仮病を使って注意を逸らした隙に小梅が晶子を連れ出して脱出。学校に向かう道で交通事故を起こしながらも何とか試合開始に間に合った。

こんな状態で晶子と小梅は試合に入って大丈夫なのか。
走って体力を使ってしまったろうし、晶子は母親には反発して済ませられるかもしれないが、小梅は父親から勘当だと言われたのは気持ちに響かないのか。或いは試合がピンチの時に父親が来る事で逆に発憤材料になるのか。

試合が開始され序盤は乃枝の組み立てた作戦どおりに事が運んで審判はきわどい球をストライクにしてくれるし、相手が油断している事で魔球でうちとるのにも成功している。
参考資料

しかし流石に強豪校、晶子の投げている球を見抜いたやつがいる。
参考資料
次の回からは苦戦しそうだ。やっぱり試合展開は「順調」→「苦戦」→「点が追いつかれる」→「逆転される」→「再逆転しそうな所で惜しくも敗れる」と言う流れ、かな?

|

« 東京マグニチュード8.0・第11話 | Start | 化物語・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/46246364

Folgende Weblogs beziehen sich auf 大正野球娘。・第11話:

« 東京マグニチュード8.0・第11話 | Start | 化物語・第11話 »