« かなめも・第10話 | Start | GA 芸術科アートデザインクラス・第10話 »

マリー&ガリー・第20話

今日のサブタイの背景はマリカじゃないんかい!
参考資料

電車に乗って天文台にピクニックに行く予定だったマリカやガリレオ達だったが、ダーウィンと衝突してしまった為に電車は大破。それをダ・ヴィンチが修理したのだが、999級の宇宙走行性能を備えてしまった。
参考資料
行き先は「うゃきうた」じゃないのか。

実は行き先は太陽系の最外周の惑星の海王星。順調に走行するかの様に見えたが・・・
参考資料

何故か冥王星に引き寄せられる電車。ガリレオが言うには3年前に惑星から準惑星に引きずり下ろされたのを根に持った冥王星が天文学者に恨みを持っていてガリレオごと電車を墜落させようとしているのだと。

「余に準惑星などと言う薄汚れた肩書きなどいらぬ」

しかし巻き添えを食う事になるキュリー夫人は黙っていられない。
参考資料
参考資料
参考資料
冥王星を破壊しちゃったよ。
どこのバスターマシンだよ。

そしてガリバに帰ってきてみれば、そこは嘗てのガリバではなく、浦島効果によって長い時間が経ってしまったガリバだった。
「オカエリナサト」
参考資料
長いったって、ダ・ヴィンチが生きてる位の時間。
それなのにガリバの荒廃ったら。

え?
投げオチ?

|

« かなめも・第10話 | Start | GA 芸術科アートデザインクラス・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/46157787

Folgende Weblogs beziehen sich auf マリー&ガリー・第20話:

« かなめも・第10話 | Start | GA 芸術科アートデザインクラス・第10話 »