« GA 芸術科アートデザインクラス・第10話 | Start | TYOはどうなっちゃうの? »

戦場のヴァルキュリア・第23話

「どうしてこうなった!」

「ガリア程度、夏には制圧できていた筈じゃなかったのか!」

明らかにマクシミリアンの無能ですな。

帝国の方がガリアよりも武力的に優位、ガリアの指揮官達が無能、グレゴール将軍・セルベリアと有能な幹部を持っていた、のにぐずぐず責め立てたせいで勝機を逃した。どう見ても一方面軍でしかないマクシミリアン軍がガリア公国と言う君主国に対して面的制圧を目指したのが間違い。一点突破で首都を陥落してコーデリア姫を確保すれば良かったのに。

ちなみにセルベリアの能力は衆人が認めるもので、グレゴール将軍も義勇軍第7小隊にしてやられたとは言え、通常の正規軍との戦闘には圧倒的だった。対してイェーガーは戦闘指揮能力は全然描かれていないから分からない。生粋の帝国軍人でもないのに帝国軍特有のあきらめの良さ(引き際の良さ)だけは判明している。

それから何と言ってもセルベリアは大きい。
参考資料
参考資料
あ、いや・・


ガリアの方ではすっかりアリシアが軍神に祭り上げられ、マクシミリアン軍を追い落とそうと全面攻勢に出る事に。但し、将軍達は腹の中ではアリシアを単なる化け物兵器としか思っていない。そこにアリシアに対する自分たちの態度を反省した第7小隊の隊員がやって来て、つい先日の自分たちの対応を棚に上げて激昂。まあ最初に手を出したのは元々アリシアを庇っていたロージーだからそれは仕方ない。止めに入った筈のウェルキンまで化け物発言に我を失って殴りかかる。

ファルディオに続いてウェルキンまで軍法会議ものになったが、コーデリア姫がこの前線に居てくれたおかげで事態は悪化しないで済む。アリシアの要望を聞いたコーデリア姫は今回の大攻勢に第7小隊を参加させず、コーデリア姫護衛任務を命ずる事に。アリシアの要望と感づいたウェルキンがアリシアを追うが・・・
参考資料
参考資料
ダモン将軍とともに出立してしまったよ、乗用車で。

へ?
あんな車で大丈夫なのか、途中の道は。

|

« GA 芸術科アートデザインクラス・第10話 | Start | TYOはどうなっちゃうの? »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/46159255

Folgende Weblogs beziehen sich auf 戦場のヴァルキュリア・第23話:

« GA 芸術科アートデザインクラス・第10話 | Start | TYOはどうなっちゃうの? »