« うみものがたりはうみものがたりをやらない方がいいんじゃないか | Start | 咲-Saki-・第19話 »

かなめも・第6話

先週から続いていたぞ。前後編だったのか!(いやw

と言う訳で折角お風呂に入ったのに濡れ濡れびしょびしょになりながら販売所に帰り着く。ふっとばされそうになった美華もご一緒。つか、美華、こんなにライバル新聞社の販売所にいつもいつも入り浸っていていいんかい。

雨風も強いので雨戸を閉めてもう寝ましょうと言う事に。銭湯に行ったのは夕刊配達前じゃなかったっけ?記憶違いかな。表の戸もこんなに厳重に戸締まり。
参考資料

ここに停電の追い打ち。そう言えば昔は(昭和30年代)まだ停電とか普通にあったけど、高度成長の時から停電ってどんどん起きなくなった。そんな訳で当時の(私の)田舎の家には沢山懐中電灯があったが、今じゃ全然見向きもされていない。今の家では一応7年近く前に懐中電灯一式をベッドの棚に常備したのだが、もう電池が切れてるんじゃ。最近、太陽電池付きのLED電灯(たったの3球)を買って、これはしばしば使っている。電池切れを気にしなくていいので重宝している(ソーラー充電式LEDライト(三月兎))。そろそろ昼間はソーラー充電、夜はLED点灯ってのがもっと安く実用化(普段の室内灯の照度までは期待しないから)して欲しい。

さて、こんな状態だと、かながまた、異様に怖がる。怖がるかなを見ちゃあ黙っていられません、みなさんw
参考資料

小さい頃、ゆめが悪さをして蔵に閉じこめられ、そこにゆうきが・・・って展開の時にてっきり当時からしっぽりと言うのを期待したのだがw、そんな事ではなくて蔵を全焼しちゃったとの事。ン億円が消し炭に。いや、ゆめの実家が金持ちって、じゃあどんな経緯で今は販売所に住み込みで配達やってるんだ。しかもゆうきとは販売所に来る前からの仲なんだな。

ひなた、あんたは「肢体を洗う」【AA・18K】に出ていたんかい!(を

怖くて独りでトイレに行けなくなったかなは「誰か一緒にトイレに行ってください」と。
でもトイレって、ダイニングのすぐそこにあるんじゃ・・・
参考資料

一騒ぎしたので早々に寝る事に。いや後で分かるが、実はもう早々じゃなかったりするんだが。だが暗がりで猫がかなの足下を通過したりして騒ぎは再生産。懐中電灯まで壊して灯りを全て失ったもののタイミングよく停電終了。あんたら、スイッチいれたままにしてましたね。

台風一過で翌朝は良い天気なのだが、トラックが来なくて新聞が来ない。だから配達が出来ない。
参考資料
「苦情の電話がどんじゃらほい」

台風一過の朝5時に新聞が来ないって苦情の電話入れるなよw
しかも日曜日だぞ。

遅まきながら朝刊を配達し終わったかなを待っていたのは直ちゃんと文ちゃん。やっぱり料理クラブの先生の誕生日に一緒に行こうと。

あー。
それはいいんだけど、かな、徹夜明けだよねw

|

« うみものがたりはうみものがたりをやらない方がいいんじゃないか | Start | 咲-Saki-・第19話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45885731

Folgende Weblogs beziehen sich auf かなめも・第6話:

« うみものがたりはうみものがたりをやらない方がいいんじゃないか | Start | 咲-Saki-・第19話 »