« マリー&ガリー・第17話 | Start | 青い花・第7話 »

プリンセスラバー!・第6話

「やりたい放題だな、おい」

と言う訳で、第6話目ともなればそろそろこう言う回も入れなくちゃね、と言う制作側の商業的な目論見サービスで温泉回。しかしあれだ、哲平が主催するパーティーってどうすんだよと思っていたが、それがこう言う形でねじ曲げられるのは良い展開だ。普通にパーティーやって「素晴らしかったですわ」じゃつまらんからね。「なぜ温泉?」「有馬なだけに」と言うベタな言い草が無かったのは残念w

一般の鉄道に乗った事のないセレブな方々の中に、おまえらはグリーングリーンから来たのかよと言わんばかりの「いきなりレギュラーになって名前も呼ばれない」ヤツがいたかと思ったら犠牲者要員だったのか。

到着したのはいたって普通の温泉宿。なんとなく『蓬莱』(nikkeibp.jp)みたいな宿を想像したが、今回は庶民の温泉旅行を楽しんで貰うのが主旨なのでそれでいいのか。

と言う訳で、さっそく温泉。ベタに温泉。
参考資料
噂では「不自然な湯気」と言うのを聞いていたが(最近は、はてブでタイトルだけでネタバレされるんだよね)この程度なら今更不自然でもあるまいにと見ていると、
参考資料
不自然極まりないw
きっとこれは可視光ミノフスキー粒子と言うやつなんだろう。普段衣類を着用している時間の一番長い部分にまとわりつくってヤツだ(どんな。

風呂を覗いた罰をちゃらにする条件として始めた哲平対シルヴィアの卓球勝負がシルヴィアの危ないポーズもないままうやむやに終わり、その後は温泉旅館を堪能した模様。きっとセレブなお嬢様方にはどれもこれも珍奇な物で楽しめた事でしょう。

おかげでシシ聖優四カ国不可侵条約の締結ですよ。
参考資料
なんて都合のいい展開なんだ。


ところで根津、一度やってみたかったと言ういきなりの魔法少女物だが、今やあの程度では誰もが予想して新奇性がない。

充電ちゃんみたいなのを入れるんだ。
金朋に口汚く罵らせる魔法少女物を(そっちか

|

« マリー&ガリー・第17話 | Start | 青い花・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45904386

Folgende Weblogs beziehen sich auf プリンセスラバー!・第6話:

» プリンセスラバー! 第6話「湯けむりポロリとラッキースケベ」 [シバッチの世間話]
「何か、そろそろ番外的に、そうしなきゃいけない気がしたからです」 ぶっちゃけ過ぎだ〜〜(笑) 何かノリがエロゲー的だなぁ。 まあ、エロゲーが原作なんだけど(笑) 「ズルいです哲平さま、こんな時ばかり」 困った顔の優ちゃんはカワユイのぉ。 というか...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 12. August 09 um 19:27

« マリー&ガリー・第17話 | Start | 青い花・第7話 »