« よくわかる現代魔法・第2話 | Start | 咲-Saki-・第16話 »

かなめも・第3話

ちこく~ちこく~
やっぱり、同じ発想したか、はるかw

サブタイトル「はじめての、スマイル」
風新新聞の専売所に来てからも笑った場面あったろうに、なんではじめてのスマイルなんだろうと思ったら、営業スマイルかよ。代理、営業スマイルできすぎ。

かな、専売所から以前から通っていた中学に登校したので、前におばあちゃんと住んでいた場所からはあまり離れていない地域らしい。その中学校、いや、そのかなのクラスに転校生が。

あの明神様の所で一緒に雨宿りした子だよ。名前は久地院美華。白薔薇学園から安上がりの都内の区立中学(ちなみに、東京都は小中学校は区立、高校が都立。作中では都立中学と言ってるけど)に転校。
参考資料
あれですか、三千院家が没落して練馬区の屋敷を追い出されて名前を変えて文京区の新聞専売所で住み込みで働く事になったんですか?三千院ナギ→久地院美華、ほらちょっとしか違わない(いやいやw

さて、かなも代理命令で拡張スマイルをして営業に出る事に。試しにやってみろと言われたが、
参考資料
どんだけひどいんだw
参考資料
ニボラスポ~ン ドロッ・・・グシャッって

そんな所に美華がやってくる。最初は拡張スマイルの代理が花日新聞と聞いたとたんに血相を変える。なんでも先月末で契約切れの所を15軒も花日新聞に持って行かれたらしい。米で釣って。物に釣られて新聞決めるなよ~w 中身で決めろ。そう言えばかなり前、風の息づかいを感じていればを毎日新聞が社説に載せる前の頃に毎日新聞の拡張員がやって来て、毎日新聞をとってくれと言ったのに対して「毎日新聞は左に偏向しているからとらない!」と言ったら「毎日新聞はどこよりも中立だ!」と言い返してきたのでそのまま拡張員と口論になった事がある。あの剣幕は本当にそう思っているらしいので、重傷だなと思った。今なら自覚しながら拡張してるかもしれない。

美華が花日新聞の拡張員と知ってかなに一緒に拡張に行けと命令する代理。そして隣でにっこりと笑えと。

ひどい!ひどいよ、代理w

案の定、かながニボラスポ~ンする毎に住人は恐怖のあまりドアを閉めてしまう。隣に立っていた美華は最初は気づかなかったが、かなの笑顔を見てみたら、
参考資料

と言う事で美華の励ましでスマイルの練習。練習場所は例のお茶の水公園。そして湯島聖堂前。
参考資料

練習の甲斐あってかなはスマイルを覚えた。
参考資料
しかし、武器を失ったw


ところで従来からの演出では電気メーターが一杯廻ってるのに出てこないのは居留守と言う事になっているが、今じゃそうでもないだろ。部屋に居なくてもエアコンをつけてPCをつけてとかしているとメーターはよく廻るぞ。エンコの為に不在時でもPCがフル回転なんてあるだろw

|

« よくわかる現代魔法・第2話 | Start | 咲-Saki-・第16話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45686536

Folgende Weblogs beziehen sich auf かなめも・第3話:

» ◎かなめも第3話「はじめての、スマイル」 [ぺろぺろキャンディー]
新学期始まる。ハルカは、カナに「学校がある日の朝食はパンがいいわー。」と定番いう。小学校生のサキ、かわいすぎる。カナは、おばあちゃんのことで、みんなに囲まれる。そこに、なぞの転校生、釘宮じゃなくて、クジインミカが投稿してくる。カナが仲間だというと、ツン...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 11. August 09 um 22:31

« よくわかる現代魔法・第2話 | Start | 咲-Saki-・第16話 »