« 咲-Saki-・第9話 | Start | 宇宙をかける少女・第22話 »

戦場のヴァルキュリア・第9話

セルベリア・ブレスのマクシミリアン殿下への敬愛心は異常。

今回は帝国側のお話。帝都では皇太子の取り巻き連中が帝位継承の邪魔になりそうなマクシミリアン準皇太子の排除を計画。そう言う訳でマクシミリアンは中央から単独で帰国する様にとの命令が発せられる。そう、セルベリアが決して随伴しない様にと。

ご丁寧にセルベリアが単騎でマクシミリアンの後を追わない様にマクシミリアン軍の三将軍には中央から補佐官が派遣され、セルベリアの補佐官とされたのはカール・オザ・ヴァルド。上からはただ単にセルベリアがマクシミリアンの後を追わない様にと命ぜられてそれだけを信じてセルベリアに貼り付き、一応それなりに成功するのだが、変な念の入れ方をした中央の連中がこのカールを始末して証拠を消そうとした事から逆にしっぽをつかまれる。いやあ、ちょっと見え見えの作戦だったな。イェーガーもグレゴールも切れ者だから急遽やってきた補佐官達が怪しいと最初から睨まれたから。
参考資料

マクシミリアンの身が危ないと察したセルベリアとイェーガーはカールの運転する車で猛追跡。セルベリアの鬼神のごとき突入でマクシミリアンの所に間に合ったが、マクシミリアンも強いじゃんw

盾になって死んだ近衛兵が気の毒です。
参考資料


それにしても「立て国民よ」はあまりにも有名なギレンの演説の一部だからやめておいた方が良かったんじゃ?
参考資料
ギャグにしか聞こえないって。
おかげでその後の民衆のシュプレヒコールが「デギン!グレイブ!」と言う風にしか聞こえないじゃないか。何て言ってるんだ。

|

« 咲-Saki-・第9話 | Start | 宇宙をかける少女・第22話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45214983

Folgende Weblogs beziehen sich auf 戦場のヴァルキュリア・第9話:

» (アニメ感想) 戦場のヴァルキュリア 第9話 「蒼き魔女」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]クチコミを見る 帝国軍ガリア方面侵攻部隊本部に、セルベリアの部下として、カールが中央から配属されてきた。時期を同じくして、グレゴール、イェーガーの元へも同様に部下が配属される。そんな中、マクシミリアンが一人で本国へ召集される....... [Mehr erfahren]

verlinkt am 03. Juni 09 um 20:11

« 咲-Saki-・第9話 | Start | 宇宙をかける少女・第22話 »