« 埼玉県が地域振興の為に学校の制服をらき☆すた制服にする案 | Start | 明日のよいち!の斑鳩姉妹が別々の会社から抱き枕カバーで出る件について »

タユタマ -Kiss on my Deity-・第12話

ましろとアメリが背を向け合いながら立ったのは何故かと思ったら、裕理と応龍の間に割って入ったのか。
参考資料
参考資料

そう思うとその直前の場面で裕理と応龍が対峙してましろとアメリが蚊帳の外っぽかった絵は、
参考資料
そんな印象(ましろ・アメリは受動的な存在)を殊更にするものだったのだろうか。この絵では二人の背中を出さなくてもいい場面だからね。
と、思って見たが、見返してみたらそれはちょっと考えすぎの気もしてきたw

アメリとのやり合いでなし崩し的に矛を収めた応龍。タユタイとの抗争の傷跡を残さない様に神気を使い切ってまで修復をするましろ。止めなくていいのか裕理、と思ったが有無を言わさずにましろはやっちゃったからね。CLAMPのXみたいに結界がはられた中での戦いなら元に戻ると言う仕組みだったら良かったのに。シャナもそうだったっけ?

案の定ましろの存在そのものが危険な状態に。こう言う時は裕理が「注入」するのがこれ系のゲームの常道じゃないのか!w でもタユタイはそれが出来ないらしいが、せめて他のタユタイ達から少しづつ神気の補給は出来なかったのか。

ましろとの祝言を決めた裕理。うわあ、これは完全に死亡フラグだね。数少ない喪失エンドになるのだろうか。そう言うのもありだとは思ったが、タユタマでは一旦眠りに入るけど未来にまた会いましょうエンドとなった。あの都市が水没した未来って何だ。
参考資料

タユタマ、まあこのマーベラスの枠としてはいつも程度の出来だったかな。キャラデザの影響か、一番絵は崩れなかったと思う。

一番の収穫は鵺。なかなか良いキャラだった。
中の人はマイメロのママかよ!

|

« 埼玉県が地域振興の為に学校の制服をらき☆すた制服にする案 | Start | 明日のよいち!の斑鳩姉妹が別々の会社から抱き枕カバーで出る件について »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45442352

Folgende Weblogs beziehen sich auf タユタマ -Kiss on my Deity-・第12話:

« 埼玉県が地域振興の為に学校の制服をらき☆すた制服にする案 | Start | 明日のよいち!の斑鳩姉妹が別々の会社から抱き枕カバーで出る件について »