« ティアーズ・トゥ・ティアラ・第10話 | Start | 日本気象協会の熱中症計、もっと安くできないか »

タユタマ -Kiss on my Deity-・第10話

アメリ、やっぱり前回の東京タワーでの出来事が尾を引いている。あれ以来学校に来ていないそうだ。
参考資料
参考資料

それを知った三九郎は激しく裕理を責める。色々煮え切らない裕理。蘭ちゃんからも進路を早く決めろと呼び出される。
参考資料
えー・・・
誰?

担任とか準教(準教授)とか言ってたな。それにしてはあの車の72ヶ月ローンがとか言っていたな。そんなに高い車なのか。準教の給料がそんなに安い筈ないだろ。

しかし裕理が三九郎に背中を押されてアメリを見舞いに行っても一緒にましろがついて行ったせいで逆効果。そこでまた応龍につけこまれる訳だ。
参考資料
まあアメリの主張は以前からタユタイが生活に入り込んで来るのに反抗的だったからね。でもつけ込んで来ている応龍もタユタイだぞ。

裕理が強力になって来ている一方でましろが弱っている気がする。鵺はまぜっかえしているが、深刻な状態なんじゃないのか?
参考資料

|

« ティアーズ・トゥ・ティアラ・第10話 | Start | 日本気象協会の熱中症計、もっと安くできないか »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45300604

Folgende Weblogs beziehen sich auf タユタマ -Kiss on my Deity-・第10話:

« ティアーズ・トゥ・ティアラ・第10話 | Start | 日本気象協会の熱中症計、もっと安くできないか »