« 宇宙をかける少女・第20話 | Start | タユタマ -Kiss on my Deity-・第7話 »

キヤノンの効率化されて利益率の高い改革された「椅子のない・早く歩かないと警報が鳴る」工場

これを見てやはり人類は永久にバカだろうと思った。
本当に「いす」がなかった,キヤノン電子のオフィス(nikkeibp.co.jp)

子供の頃、19世紀の産業革命時の炭坑で働かされる子供の絵を見て、100年以上も前の時代はこんなひどい事をしていたのか、と思ったものだった。
参考資料

その産業革命の頃から見て200年が経とうとしてごらんの有様だよ。
参考資料

これが日経で賞賛内容の記事として載るのだから200年前から人類は根っこの部分でやはり何も変わっていないと思う。もっとも何万年と言う人類進化の中で200年などまだまだ短い期間だが、多分ファラオの墓を造っていた時からでも変わっていない。

そうじゃない変わっていると言うのであれば、人類・Homo sapiensと言う種としての幸せは何かを考え直した方がいい。それが出来るなら。

私は永久に無理だと思う。

|

« 宇宙をかける少女・第20話 | Start | タユタマ -Kiss on my Deity-・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45070378

Folgende Weblogs beziehen sich auf キヤノンの効率化されて利益率の高い改革された「椅子のない・早く歩かないと警報が鳴る」工場:

« 宇宙をかける少女・第20話 | Start | タユタマ -Kiss on my Deity-・第7話 »