« 防火ろいどクソワロタwwww | Start | 咲-Saki-・第6話 »

夏のあらし!・第6話

あらし、内容はいいじゃないか。キャラデザに抵抗感が未だにあるが。

で、この作品では杉田智和が完全にオールマイティボイスだな。今回は憲兵さんだ。
参考資料
なんでちょっと明るいだけで憲兵がぶっとんで来たのかと思ったら、ああ、灯火管制か。今の時代に生きてるとすぐにはぴんと来ないものだ。

そして空襲警報。はて、咲に警戒警報が鳴って次に空襲警報が鳴るんじゃなかったか。まあほとんど同時と言うのもあった様だが。

潤くんが現代人の代表として当時の惨劇を体験してくれる。そう、当時に生きていた世代の大部分が戦後一億総懺悔とともに自分たちのしでかした事と同時に敵のしでかした事を記憶の奥に封じたかもしれないが、アメリカはこう言う民間人の大量殺戮をやった訳だ。これは目を瞑らない方がいい。
参考資料
参考資料
参考資料
まあだからと言って私はここから短絡的に反米とか反戦とかは言わないけどね。
ヒトの浅知恵が当時こうする事が良いとかやむを得ないとか思ってやった事で、これがヒトの種としての限界なのだからどうしようもない。過去を踏まえて同じ轍を踏まない様にする事がヒトの出来る精一杯。


なんてこんな重い話を底に持ちそうな内容だとDVDが売れないだろうなあw

|

« 防火ろいどクソワロタwwww | Start | 咲-Saki-・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/44983980

Folgende Weblogs beziehen sich auf 夏のあらし!・第6話:

» (アニメ感想) 夏のあらし! 第6話 「恋におちて」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]クチコミを見る 女性を冷めた目で見つめ、常に一定の距離を置いて接している潤。触れられることを嫌がった潤に対し、カヤは「男のくせに情けない」と無理矢理その手を握り、自分の方へ引き寄せる。次の瞬間、繋いだ手から閃光が走り、....... [Mehr erfahren]

verlinkt am 12. Mai 09 um 02:35

« 防火ろいどクソワロタwwww | Start | 咲-Saki-・第6話 »