« 日記・金曜日の東京/巻雲/白詰草 | Start | オタク業界を目指す中高生は読んで損はないだろう/オタク成金 »

初恋限定。・第6話

順番に登場人物のスポットを移していくのかと思ったら第3話以来の慧×楠田の話になった。曽我部→千倉名央の線は路線新設で言えば調査費用が出た程度w

さてクリスマス会だ、クリスマス会。
あれ?わずか二日ほど前にもクリスマス会の話が無かったか?今はそう言う季節だったのか?(違

楠田の策略で財津も参加する事になり、それに釣られてあゆみも参加。あゆみと慧が参加するならと名央も参加OKと言う事で、それなりの面子は揃った。

楠田と一緒のクリスマスかぁと悶々とする慧。
悶々しすぎw
参考資料
DVDではタオルが(ry
ところで慧の姉ってこのょぅι゛ょだったのか。何という入れ替わり。

プレゼント交換をする事になったのでプレゼントを物色する慧。渡す相手にどうしても楠田を思い浮かべる。すると偶然楠田も同じ所でプレゼントを物色中。手にしていたのはピンクの手袋。微妙にうまく会話が出来ない慧は「あんたの事だからHな下着とかそう言うの選ぶと思ってた」と。

慧の売り言葉に楠田は
「そんなもん買う訳ねえだろ。お前にやるならともかく千倉とか有原に渡るかもしんねえのに」

慧、ショック。
参考資料
楠田は名央とあゆみは普通の女の子として見てるのに!と

いやいやいや、逆だ、逆。その台詞は慧が特別だって事だ。自信を持てない相手の言葉にはネガティブに感じてしまうお年頃。

だから買い言葉「私が貰ったらすぐ捨てるわ、そんなピンクの手袋」
おいおい、せっかく選んだプレゼント、それが例え誰に渡るにせよ「すぐ捨てるわ」はいかんよ。どうしても意図せず殴り返してしまうお年頃。

楠田を傷つけたまま謝れずに迎えるクリスマス会。
ところが財津は倒れたサンタを病院に運んじゃうし、それにあゆむがついて行ってしまうし、名央は新型インフルエンザ風邪で熱を出して来られないし、曽我部はそれを聞いて見舞いに行かねばと消え去るし、で、残されたのは慧と楠田。

ちょっと曲折はあったものの二人でクリスマスの食事。場所がファミレスにぶーたれる慧なんだが、それ以前にお前ら6人は店の予約とかしてなかったのか。クリスマスに6人がいきなり入れるったらやっぱりファミレスになっちゃうだろ。

おや、渡瀬めぐるがバイトしてますよ。
参考資料
参考資料

夕食はなんだかぎくしゃくした二人だったが、雪降る公園で良い感じになったじゃないか。この二人のコースはもうあがりだろ、あがり。

この後画面が雪で白く隠されたからなあ。
参考資料

楠田から貰ったHなサンタコスを着る慧、デレすぎw
参考資料

|

« 日記・金曜日の東京/巻雲/白詰草 | Start | オタク業界を目指す中高生は読んで損はないだろう/オタク成金 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45043992

Folgende Weblogs beziehen sich auf 初恋限定。・第6話:

« 日記・金曜日の東京/巻雲/白詰草 | Start | オタク業界を目指す中高生は読んで損はないだろう/オタク成金 »