« タユタマの副題について | Start | 古炉奈閉店のお知らせ »

咲-Saki-・第7話

さて一回戦、いよいよのどっちの登場。和の抱えているノーマッドペンギンのぬいぐるみにみんなが注目(本当にペンギンの方に注目してる?)。
参考資料
自分よりも他人が目立つ事に苛立つ龍門渕透華。茅原さんの声がこの手のキャラにもしっくり行くw

試合が開始されるとネット麻雀でプロなのではないかとも言われる伝説的強者「のどっち」の片鱗が。牌を引く時にはもう何が来たらどうするかが決まっている早打ちだそうだ。・・・えー、そう言うもんじゃないの?麻雀はやらないから分からんが、カードはそれが普通だと思っている。役とか点数とかが複雑になるからかな。

のどっち降臨でそれまでにも点差があったくせに不敵な笑みを浮かべていた今宮女子など他校の連中は撃沈状態。これを大将戦の咲に引き渡す。

で、一回戦では咲の戦いぶりは見せない演出なのね。その代わり咲があっという間に東福寺を飛ばしたとか言う情報がかけめぐる。飛ばすって、何だ?ゲーム続行が不可能な程負けたって事か。

一回戦が終わってお昼休み。そこに藤田プロがやって来て和と咲に話がしたいと言うのだが、咲は藤田にもっと強い奴が居ると言うのを聞いて「それは楽しみ!」なんて反応をするのだが、咲ってそう言う性格だったっけ?全国大会に行くのは姉と会う為じゃなかったっけ?
参考資料

二回戦からはシード校の龍門渕と風越が参加。龍門渕は先鋒井上純が篠ノ井西を飛ばして衣の代役のあゆむを登場させずに勝利。風越も順当に勝った様なのだが、おや、風越の様子がおかしい。

コーチ久保貴子が勝った筈の池田華菜を平手打ち。福路美穂子がそれを庇うのだが、その理屈はよく分からん。どこでどう美穂子の責任なんだか。ただ風越の内部がベストメンバーと言いながらコーチとは対立してるのが分かった。

華菜、君はタユタイですか?
参考資料

で、部長がグラムサイトを持っていて指令を飛ばすのですね。
参考資料


と言う事で、今回は前回ほど試合内容は細かくは描写せず。やっぱり前回の様な調子で進めると飽きるのかな、麻雀を知っていても。
タコスは寝てるしw
参考資料

今回はひさしぶりにはいてない場面がちらほらと。
参考資料

EDが変わった。
のどっちの胸はもはや異様
参考資料
参考資料

|

« タユタマの副題について | Start | 古炉奈閉店のお知らせ »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/45057005

Folgende Weblogs beziehen sich auf 咲-Saki-・第7話:

» (アニメ感想) 咲 -saki- 第7話 「伝統」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る ペンギンのぬいぐるみを抱いて対局室に現れた和。その姿を見たギャラリーは騒然となり、偵察に来た透華も周囲の視線を集めている和に苛立ちをみせる。そんな状況を唯一、久だけが楽しそうに眺めていた。 ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Mai 09 um 02:01

» 咲‐Saki- 第7話 「伝統」 [パール]
のどっち降臨&ED変更 [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Mai 09 um 02:05

» 【咲-Saki-】 美少女“麻雀”アニメ 第7話「伝統」 動画配信開始! [ビーナビ]
原村和が出陣!ペンギンと共に・・・!?怒涛の第7話を追加! ヤングガンガンで現在大人気連載中、美少女が麻雀対決の中で 友情、愛情を育んでいく、いまだかつてない漫画がつい... [Mehr erfahren]

verlinkt am 12. Juni 09 um 16:02

« タユタマの副題について | Start | 古炉奈閉店のお知らせ »