« アキバでガサ入れされた裏DVD屋が入っていたビル | Start | 宇宙をかける少女・第7話 »

続 夏目友人帳・第7話

貴志が額に傷のある妖怪にさらわれ次回持ち越しとなり、マリアホリック史上最強最悪のこの危機を夏目友人帳史上最強最悪のこの危機を貴志は乗り越える事が出来るのか?緊迫の次回、刮目して待て!だった前回を引き継いだ第7話(なんか、前置きが長くなったw)

でもなんだかんだ言って貴志強いな。
参考資料
なんで貴志のパンチはあんなに妖怪に効くんだ。

一旦は妖怪の手から逃げたものの、なんとかしなくちゃならんと透と妖怪探しをする貴志。しかし、貴志はあの妖怪に舐められてからあやかしの姿が見えない。

そんな時なのだが透はニャンコ先生を見てかわいいだのすりすりしたいだの。一見ガンを飛ばしている様に見えるがそれを我慢している状態。
参考資料

妖怪探しの課程でニャンコ先生は一回ぶっとばされて貴志と透の二人は危機に陥るのだが、重要な所で斑となってご登場。

いやね、ここで私は透に期待したんだよ。
参考資料
「ば、化け物!」って叫ぶのをw


ところでちょびひげって、ニャンコ先生の結界を物ともせずに入れたのに全然役に立たなかったなあ。

|

« アキバでガサ入れされた裏DVD屋が入っていたビル | Start | 宇宙をかける少女・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/44095085

Folgende Weblogs beziehen sich auf 続 夏目友人帳・第7話:

» 続 夏目友人帳 第7話「呼んではならぬ」 [空色きゃんでぃ]
多軌はある日、妖怪に祟られた その妖怪を見たというだけで 超理不尽な話です! 「自然とは常に不条理なものだ それを嘆くのは人間のみ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 17. Februar 09 um 22:29

» (アニメ感想) 続 夏目友人帳 第7話 「呼んではならぬ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
夏目友人帳 3 [DVD]クチコミを見る 自らの描いた陣に入った妖の姿を見ることができる少女「多軌透」。夏目の同級生である彼女は、ある日偶然目にした妖怪に祟りをかけられ、人と話すことすら許されない生活を送っていたという。夏目はその祟りをとくため、多軌・ニャンコ....... [Mehr erfahren]

verlinkt am 18. Februar 09 um 03:03

« アキバでガサ入れされた裏DVD屋が入っていたビル | Start | 宇宙をかける少女・第7話 »