« CLANNAD ~AFTER STORY~の抱き枕登場 | Start | かんなぎ速報2 »

地獄少女 三鼎・第10話

表向きの話は特に意外な部分もなく、着物に浪費する母親の姿をみたくない少年の市村和也がセールスマンを地獄流しにしてしまうと言う内容。
参考資料

でもね、見れば分かるとおりあの母親・君枝・高田女王(笑)をあそこに追いやったのは父親だ。君枝を全然女として見てやってない。いや、家族としても怪しいかぎりだ。
参考資料

だから和也が母を支える。
参考資料
なんて悲しい家族じゃないか。

でもあのセールスマンを地獄に流してもまた別のが来ちゃうんだけどね。根本的に父親が悪いし、それでああなっちゃう母親も問題なんだから。

久しぶりにまともにコントのある回かと思ったら、コントにひねりが無かったなあ。もうちょっとガンバレよ、第三期。


骨女は「鬼」と言われて「せめて閻魔大王くらい言ってよ」とか言っていたが、閻魔大王って言われると嬉しいのか?w
参考資料

|

« CLANNAD ~AFTER STORY~の抱き枕登場 | Start | かんなぎ速報2 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/43339038

Folgende Weblogs beziehen sich auf 地獄少女 三鼎・第10話:

» (アニメ感想) 地獄少女 三鼎 第10話 「鏡の中の金魚」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
地獄少女 三鼎 二 [DVD]クチコミを見る 新聞配達に励む少年・市村和也。家が決して貧しいわけではないのに、なぜ少年はそこまでしてお金を稼ごうとするのか・・・。 [Mehr erfahren]

verlinkt am 06. Dezember 08 um 23:36

« CLANNAD ~AFTER STORY~の抱き枕登場 | Start | かんなぎ速報2 »