« 地獄少女の音声合成が開始 | Start | ヒャッコ・第11話 »

とらドラ!・第12話

文化祭編の中編は色々な意味で意外な展開へ。

文化祭編前編と言うサブタイにも拘わらず絡んできた大河の父エピソード。前回の大河との和解でそのままうまい方向へ向かいそうな雰囲気だった。ところがそれを聞いた櫛枝が全くの予想外の反応を示す。
参考資料
「なんだそれ」

櫛枝の言い分では「あのお父さん」は全く信用ならない男だそうだ。そいつに親友の大河が騙されそうになっている。これは放っておけないと大変な剣幕。そのせいもあってか竜児が櫛枝を止めようとする態度もエスカレート。慌ててあの大河がとりなす状態に。
参考資料

櫛枝は大河父の何を見たと言うのだろう。ここまでの櫛枝のキャラから見たら余程の理由が無いとあそこまでの反応は理解しがたい。あの父親をちゃんと両目開けて見たのかと言われても、竜児を通して我々が見たものは大河を愛している父親だ。強いて気になると言えば「若すぎる再婚相手と別れて大河と一緒に暮らしたい」と言った所だろうか。

ところが高須母もあの父親には何かを感じているらしい。
参考資料
「なんだか勝手よね」と言ってご不満の様子。人を見るのに敏感(と言う様子になっている)櫛枝・高須母の二人が揃って大河父に否定的な見方をしているとなると、これは何かありそうな予感。

そんな父に良いところを見せようと大河は父が見に来た時だけ主役を交代して欲しいと亜美に頼む。頼みたくもない相手に。そして文化祭が始まったものの、遂に大河父は来なかった。さあ、ここから波乱の幕開けだろうか。

にしても、あの劇の内容じゃ交代できんだろ。主役が亜美に特化しとるぞ。


さて意外な展開もうひとつ。まさかあの劇に恋ヶ窪先生が絡んでくるとは。
担任の赤い糸って、そりゃひでよ生徒達w
そしてそれに過剰反応する恋ヶ窪先生。
参考資料
多分、とらドラ!の中で最高のキャラだ。


櫛枝と口論になった竜児は亜美専用のはまり場所へ。そこから引っ張り出したのは亜美。
参考資料
また重力無視の非科学的スカートかい!

どうも竜児は亜美にとって気になる男の子よりも気が許せる男の子になりそうだ。
参考資料

|

« 地獄少女の音声合成が開始 | Start | ヒャッコ・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/43459039

Folgende Weblogs beziehen sich auf とらドラ!・第12話:

» とらドラ! 第12話「大橋高校文化祭【中編】」 [電撃JAP]
博士「何やら波乱の予感・・・」助手「この作品には珍しい・・・」... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Dezember 08 um 00:31

» (アニメ感想) とらドラ! 第12話 「大橋高校文化祭【中編】」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]クチコミを見る 2年C組は文化祭でのプロレスショーに向け、クラス一丸となって練習に励んでいた。大河は陸郎と一緒に食事をするようになってから、練習後にくたくたになって帰宅しても、その表情はどこか明るかった。一度失った大河....... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. Dezember 08 um 23:36

« 地獄少女の音声合成が開始 | Start | ヒャッコ・第11話 »