« かんなぎ速報 | Start | かんなぎ・第9話 »

地獄少女 三鼎・第9話

小学校時代は空気だった稲生楓。ところが中学になってからはぐれ狐がついたと言ってこっくりさんでクラスの居場所を見つける。
参考資料

失せ物探しをする位ならまだよかったが、恨みを持った相手に呪いをかけて欲しいと言われたのが運命の分かれ道。
参考資料
「神様、仏様、稲生様」って拝まれて引き受けてしまう。
えーと、ひょっとしてこれがしたくて今回のキャラは「稲生」って名前になったの?w

でも人を呪っちゃいかんよ。特に単なる頼まれ事で。

今度は西野ちずるにとある大学生を殺して欲しいと頼まれてこれまた受けてしまう。もうどんどん泥沼にはまる稲生楓。しかしそんな呪いで人が殺せる訳もなく、出来もしない事を出来るはずだと思いこんで自縄自縛。
参考資料

最後は地獄少女に下請け依頼することに。
参考資料
未だ間に合うって、どんだけ早くキーを打てるんだよ。

しかし自分の身を代償に果たした地獄流しは西野ちずるの単なる気まぐれによるものだった。
こいつは久しぶりに後味の悪いいい出来映えだ。

ところで西野ちずるのこの雰囲気。
参考資料
まるでとらドラ!の亜美じゃないかと思ったら、そのとおり喜多村英梨だった。

|

« かんなぎ速報 | Start | かんなぎ・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/43267875

Folgende Weblogs beziehen sich auf 地獄少女 三鼎・第9話:

» (アニメ感想) 地獄少女 三鼎 第9話 「はぐれ稲荷」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
地獄少女 三鼎 一 [DVD] こっくりちゃんと呼ばれる少女、稲生楓・・・。彼女は狐の霊の力を借りて、クラスの生徒の悩み事を解決していた。そんなある日、彼女の元に一人の生徒がとある人物に呪いをかけるよう依頼してきた・・・。 ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 02. Dezember 08 um 00:47

« かんなぎ速報 | Start | かんなぎ・第9話 »