« CLANNAD ~AFTER STORY~・第4話 | Start | 地獄少女 三鼎・第4話 »

黒執事・第4話

今回も紅茶の銘柄が出ない。もうネタが尽きたの?

さて今回は女王陛下のお膝元で猟奇殺人を引き起こし、陛下を軫念させる怪しからん犯人を女王の番犬たるファントムハイヴ伯爵が捕まえようと言うものだが、とりあえず犯人の目星は「悪魔で執事」のセバスチャンがあっと言う間につけてくる。

条件に叶ったのはたった一人。ドルイット子爵。

と言う事で、子爵のパーティーに潜入する事になったファントムハイヴ伯爵。
参考資料
うなじが色っぽいですw

こんな姿、エリザベスには見せられないと言ったら、エリザベス居るし。よりにもよってシエルの服に興味を持つし。しかしなんでまたそんな怪しげな子爵のパーティーにエリザベスがと思ったがミッドフォード家は侯爵だからなあ。強く招待されたんだろう。

しかしドルイット子爵を見てみれば・・・いや・・これはちょっと猟奇殺人をするタイプのキャラじゃないなあ。猟奇殺人するキャラを描くとしたら真正面からそれが似合う様なキャラか逆に堅物っぽいのを描くものだが、こいつは軽そうだからなあ。

そしてその挙げ句にあっと言う間に子爵一味はセバスチャンにやられしまう。あっけなさ過ぎ。

と思ったらやっぱり真犯人は別だった。屈辱にふるえるシエル。
参考資料


ところで、アンダーテイカーに聞かせるジョークでマダム・レッドが下ネタだらけの話を。
参考資料
しっかりセバスチャンがシエルの耳をふさいでるのが笑える。
やっぱシエルには未だ早いの?

|

« CLANNAD ~AFTER STORY~・第4話 | Start | 地獄少女 三鼎・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/42902235

Folgende Weblogs beziehen sich auf 黒執事・第4話:

« CLANNAD ~AFTER STORY~・第4話 | Start | 地獄少女 三鼎・第4話 »