« 仮面のメイドガイ・第4話 | Start | 中国のななついろに輝く河川 »

ゴールデンウィークに行きたい温泉

GWっつても私は今日も会社来てますけどね。明日の昭和節はお休みとしても明後日はまた出社。
てのは置いといて、GWに行きたい温泉の話。もっとも私は温泉がことさらに好きと言う訳でもないので、もし行くとしたらどこだよ、となる。そうなるとやっぱり人の少ない、それでいてしっかりした場所がイイナと言う事になる。

と言う事で、やっと本日のネタ記事に。
“入浴剤投入”発覚から4年――白骨温泉・若女将が語る「事件の真相」(前編)(bizmakoto.jp)

最初に書いた様に温泉が好きとか言う訳でもないので、この事件はすっかり忘れていた。上記の記事でやっと「ああ、そう言えばどこかでそんな事があったかも」と言う程度。上記の記事を読んでみると、記事の主旨を語る上での前提知識の説明によって、

・入浴剤は当時入れたかもしれないが、温泉そのものは本物
・スケープゴートにされたので温泉ガイドからも外され、現在はがらがら

と言うのが分かる。そもそも白骨温泉は必ずしも白濁する温泉ではなく、しかも「乳白色」と宣伝したのは温泉側ではなく、白濁していないのを承知で行くのなら全然問題ない、と言う事だ。となれば最初の「ちゃんとした温泉なのに空いている」と言う条件にはぴったりではないか。まあ温泉マニアじゃないんで私は行かないけどねw どこかに行くならと聞かれたら、ここに行きたい。しかもあの田中康夫がケチをつけた温泉となれば逆に応援してやりたい(をい

ところで記事の4P目、

「そうした苦情や問い合わせがあまりにも多かったせいでしょうか、社長が気にするようになりまして、透明度の高い時には入浴剤(六一〇ハップ)を入れることになったんです。これによって確かにお客様からの苦情はなくなりました」

おお!
今をときめくムトウハップですか!w

|

« 仮面のメイドガイ・第4話 | Start | 中国のななついろに輝く河川 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/41018080

Folgende Weblogs beziehen sich auf ゴールデンウィークに行きたい温泉:

« 仮面のメイドガイ・第4話 | Start | 中国のななついろに輝く河川 »