« ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-・第21話 | Start | CLANNAD・第19話 »

中国食品は今やロシアンルーレットになった

中国の公安当局が中国製餃子へのメタミドホスの混入は中国側での可能性が低いと発表した。これによって中国食品のロシアンルーレット化は決定的になった。


但しこれから書く話は中国側の発表を信じてメタミドホスの混入は中国側ではないと信じる人にはそもそも前提が異なる事になるので読む必要はない。今後も好きな様に中国食品を買えば良い。


まず、メタミドホスが袋の外から内部に侵襲するのかと言う実験については日本側が実験結果を中国側に提供しているのに対して、今回の中国側の発表は日本側への連絡無しにいきなり侵襲があったとしている点から中国側の検証がどれだけ正しいのか疑問である。これはこれで実験方法がもし中国から提示されれば追試が出来る事だ(されれば)。

それとは別に、今回のメタミドホス入り餃子がどの時点で混入したかについては流通過程を見るならば、日本に上陸してからの可能性はほとんど考えられない。流通だけから考えれば中国の工場から出荷されるタイミングが一番確からしい。

そう言う前提で、メタミドホスは中国の製造過程ではなく、出荷過程で混入されたとして以下に話を進めたい。

製造過程の混入であればそれはミスと言う事であり、ミスは改めれば再発防止になりうる話であた。しかし、状況証拠からは製造過程ではなく、梱包過程と見られる。しかも混入が、ある決まった日だけに集中している事からミスではなく人為的な操作であると見られる。ここで中国公安当局が犯人を見つけて処罰すればまだ事態はマシだった。だが、中国はそうしなかった。中国側の責任ではないとつっぱねたのだ。


どう見ても人為的な混入は中国側で。
しかし中国は認めない。

この二つが組み合わさった場合どうなるか。

即ち、中国側の食品加工場では日本へ送り出す食品に農薬を人為的に混入させる人間が居る事。しかも監視をくぐり抜けられる程に協力者が居る事。こう言う事が言える。さらには日本向けなら公安当局が日本側に責任を被せてくれて自分達の追及をしないと言うシグナルが送られたと言う事である。

これは最悪だ。

食品への毒物混入犯は歯止めが無くなった訳で、次にいつ同じ事が行われても不思議ではない状況となったのだ。そして中国食品を食べる人間は、いつ毒物に遭遇するか分からないロシアンルーレットにもう今日から参加する事になったのだ(実際には昨日の発表を受けた以降の食品が届くのは何日も後だが)。


私は、自分の余命がもうそう長くはないとは言っても、農薬を食べて苦しんで死ぬのは嫌だからこんなバカらしいゲームに参加する気にはなれない。以前からそうしているが、絶対中国食品を食べない。
ただ、困った事に加工品などは原産地を書いてないものがある。政府はそれを極力明示させる様にするべきであって、

「中国は前向きだ」

などとほざく気の狂った総理大臣はとっととすげ替えて、どこが産地の材料を使っているのか、過去はどこなのかを明示する仕組み作りに取り組んで欲しい。

|

« ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-・第21話 | Start | CLANNAD・第19話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/40310904

Folgende Weblogs beziehen sich auf 中国食品は今やロシアンルーレットになった:

« ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-・第21話 | Start | CLANNAD・第19話 »