« アイドルマスター XENOGLOSSIA・第12話 | Start | らき☆すた・第12話 »

ショスタコーヴィチ評盤記

一ヶ月位前に買って読んだのだが、これについて書こうと思ってほったらかしていた。今日友人と会った時にちょっと話題にしたので折角だからこれについて書いてみる。

ショスタコファンならご存知の通り2006年が生誕100年記念の年で、同じ年がモーツァルトの生誕250年で世間ではモーツァルトにばかり注目が行ってるせいで「たまにはショスタコーヴィッチの事も思いだしてあげて下さい」と言うそんな年だった。これに合わせてクラシックジャーナルが2005年夏(2005年はショスタコーヴィッチ没後30年)から2006年暮れにかけて出たショスタコーヴィッチ関係のCD全曲を聴きながらそれについて語ろうと言う企画がまとまって本になったもの。これを実施したショスタコ・ビューローは中川右介・安田寛の二人で構成される。

いや~、こんな本を出されちゃ困るなあ、CDを買いたくなるから。
特にこの評盤記はCDレーベルに追従する様な事はせずダメなものはダメと切り捨ててる所が痛快。だから逆に褒めている盤を聴きたくなると言う困った事になる。

まあ個々の評判は実際に本を読んで貰うとして、ふたりのうち安田寛は対話の中身から大層まじめな堅物かと思ったらバーンスタイン指揮でショスタコの6番・9番のDVDが出たと言う所で日本語版は日本語と英語しか入っていないくせに国際版の4カ国語入りより高いのは許せない、日本語版はどうせなら声優に語らせればよい、バーンスタインには清川元夢か西川知道をあてればよいと書いてあったのを見てびっくり。

ちょw、待てw、なぜそんな名前が出てくるwwwwwwwwww

後書きをみたらこの安田寛と言う人、その道もちょっとは嗜むw様で、最近では涼宮ハルヒの「God knows...」を聴いてパンクに目覚めたとか書いてあった。お前はその歳でハルヒを見たのか!いや、私の方が一回り程上だけどさw

ショスタコーヴィチ評盤記
中川 右介 安田 寛
アルファベータ (2007/02)
売り上げランキング: 100752

さて、今日はこの本の他に色々ショスタコの話をしたのだが、その時に出た話をついでに。
NAXOS MUSIC LIBRARYはNAXOS以外のレーベルも入っており、ChandosとかHänsslerなど50レーベル以上が参加している。おかげで普通なら聴けない様なショスタコーヴィッチの交響詩「十月革命」の聴き比べなんて事も出来る。

1)NAXOS 8.557812 ジェラード・シュウォーズ指揮/シアトル交響楽団
2)CHANDOS 10358  ジャンアンドレア・ノセダ指揮/BBCフィルハーモニー管弦楽団

あれ?もう1枚、変な演奏のがあった筈なんだけど、今見ると見つからない。
勘違いだったかな?

|

« アイドルマスター XENOGLOSSIA・第12話 | Start | らき☆すた・第12話 »

Kommentare

Bei diesem Eintrag wurden Kommentare geschlossen.

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/15547748

Folgende Weblogs beziehen sich auf ショスタコーヴィチ評盤記:

« アイドルマスター XENOGLOSSIA・第12話 | Start | らき☆すた・第12話 »